Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9000

A&D GX-Z9000

投稿日:

今日はA&DのGX-Z9000の修理を行いました。

電源を入れると、「ガー」という異音が鳴り続け、正常に動作しません。

カバーを開けたところ、カムモーターのベルトが見当たりません。

と思ったら底に落ちていました。バンコードで製作されたベルトですが、溶着部が破断しています。バンコードは強度や摩擦力がありますので、ここに使用するというのは適切な判断だと思いますが、製作時の加熱不足が原因で切れてしまったようです。

メカの整備に取り掛かります。カセットホルダーとバックパネルを切り離します。

ホルダー両サイドのスプリングの変形を矯正するためでしょうか?スポンジが押し込まれています。また、スプリングの取り付けミスが見られます。

スプリングを脱着し形状を整形します。

メカの固着はありませんが、古いグリスが固まっています。

左側ピンチローラーが1mmほど前方に飛び出しています。テープガイドと一体となっていますので、この状態で再生するとテープにキズが付きます。

ピンチローラーアーム、ヘッド、可動パーツを分解し、古いグリスは除去します。

硬化しているピンチローラーは同サイズの新品代替品に交換します。

リール周りのパーツを取り外します。

パーツにオイル系のものが付着していましたのでアルコールで拭き取ります。

アイドラーゴムを交換します。

元通りに組み付けます。

メカを前方に倒して背面の基板を取り外します。

付着しているキャプスタンベルトのカスや汚れを拭き取ります。

カムモーターのベルトを取り付けます。

テープセレクターのスイッチ接点を清掃しました。

キャプスタンベルトも新品交換します。

メカの整備が完了しました。

本体に組み付け、コネクタ類を接続します。

長期不使用のGX機によく見られる不具合です。テープ天面にスイッチが引っ掛かってトレイが完全に閉まりません。

スイッチを微調整しました。

ミラーカセットでテープの走行状態を確認します。

再生ヘッドのアジマスを点検します。逆位相になっています。

調整後です。

左右同レベルのサイン波を録音再生モニターします。録音レベルがかなりアンバランスになっています。

dbxがON・OFF両方で調整します。

完成しました。「シンプルイズベスト」を象徴する素晴らしいデッキです。

-GX-Z9000
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z9000

A&DのGX-Z9000の修理依頼をいただきました。 症状は、「テープが入らず、入っても取り出し不可」「再生時、コトコト音が気になる」とのことです。 機器が到着しました。トレイが開かないためテ …

A&D GX-Z9000 ピンチローラー二重苦

先日の機体とは別のものですが、今回整備を行ったGX-Z9000で珍しい故障が見つかりました。 テープ走行の状態を自作のテープパス点検カセットで確認していたときのことです。左側のピンチローラーがスリップ …

A&D GX-Z9000

本日はA&DのGX-Z9000の修理です。 「テープを入れるとトレイが閉まらない」という不具合があります。 確かにテープを入れるとトレイが閉まらずに開いてしまいます。 この原因はテープの上面に …

A&D GX-Z9000

A&DのGX-Z9000の修理依頼をいただきました。 テープが閉じ込められています。何とか再生は可能ですが、トレイが開きません。おそらくピンチローラーとヘッドが下がらなくなっていると思われます …

A&D GX-Z9000

今日はA&DのGX-Z9000の修理依頼をいただきました。 左側ピンチローラーアームの固着、そして、右側キャプスタンにテープが絡まり取り出せない状況です。電源をONにすると、トレイが開こうとし …

検索

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM