Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

バイアスキャリブレーション

投稿日:

カセットテープに録音を行う際に重要なのは、そのテープに合った適正なバイアスを設定できるかということです。これが上手く調整できていないと、高域が減衰したり音が歪んだりします。

適正なバイアス量というのは、カセットテープの種類によって異なりますが、1970年代までは、多くの機種でバイアスは使用者が調整できない固定式でしたので、自分の所有しているデッキに最もマッチするテープを探し出すことが肝心でした。

その後、ユーザーの高音質への要望に対応するために、手動調整、さらには自動調整式のデッキが一般的になり、よほど劣悪なテープでなければ、どのテープを用いてもベストのバイアス量を設定できるようになり、手軽に高音質を楽しむことができるようになりました。

一方、バイアスの調整方法についてですが、例えば、AKAIのGX-93は完全手動方式で、

バイアスツマミを回して耳でそれを確認し調整することになりますが、

A&DのGX-Z9100や写真のSONYのTC-K555ESLなどは、メーターで表示されるレベルを規定値に合わせるという半自動調整方式となります。これは大変便利で簡単なシステムですが、ここに大きな落とし穴が待っています。

それは、メーターの狂いや回路に不具合がある場合です。いままで数多くのデッキを見てきましたが、製造から30年以上経過した現在では、バイアス調整システムにトラブルを抱えているデッキは決して少なくありません。

バイアスキャリブレーションをメーター表示のとおりに合わせたのに、SOURCEとTAPEの音があまりに乖離している場合は、間違いなくメーターの狂い、あるいは回路にトラブルが生じています。もちろんヘッドの劣化・摩耗または調整不良ということも否定できません。

自動調整だからと言って安心してはいけません。一番重要なのは、メーターではなく、自分の耳を信じることです。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

カセットテープのサイズ

カセットテープは、テープのグレード(Normal,Crom,Metal)や製造メーカーの違いで特性がかなり異なりますので、修理後の動作チェックを行う際には、数種類のテープを用いて行うことにしています。 …

SONY製カセットデッキのトレイリッド(蓋)が開かないときの対処法

カセットデッキの修理をしていてよく見かけるのは、トレイが破損していてリッドがピッタリ取り付けられないということです。電動トレイの機種でトレイが開かなくなったときに、閉じ込められたテープを力任せに救出し …

CDダイレクト入力

CDデッキが製造開始された以降、カセットデッキには、「CDダイレクト入力」が装備されたものが多く発売されました。 なぜ通常のLINE入力と分けているのでしょうか?理由はGX-Z7100の取説から引用し …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(その2)

昨日記事にした、SONYのESシリーズカセットデッキのピンチローラークリーニング法以外にも、簡単かつ特殊な方法がありますのでご紹介します。 不要になったカセットのテープ部分を切断しすべて引き出してしま …

GX機のテープガイドはなぜ破損する?

GX機(GX-93,73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100)の故障時に、かなりの確率で破損が発生する箇所があります。それは、タイトルに書いたように「テープガイド」です。 この写真 …

検索

2019年11月
« 10月   12月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM