Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9100

A&D GX-Z9100

投稿日:

今日はA&DのフラッグシップモデルGX-Z9100の修理です。

30年ほど前に新品購入したワンオーナー機ということです。

電源をONにするとモーター音が「ギギギー」と唸り、勝手にトレイが開閉し、開いた状態で停止しました。

「サイドウッドのワッシャーが割れている」とオーナー様から事前にご連絡をいただいていましたが、一つを除きすべて真っ二つです。これまでの経験上、割れていない方が珍しいといっていいほどのウィークポイントです。

弾性のある接着剤で貼り合わせ、クリップで圧着します。

メカを取り出すためにカバーを開けます。修理歴がありますが、ケーブルの束ね方から判断すると、メーカーサービスによるものではないようです。

メカを取り出してカセットホルダーを切り離します。

ホルダーを分解し、両サイドにある、カセットを押さえるためのスプリングを取り外します。

加熱して整形し機能回復を行います。

ヘッド周りに固着はありませんが、動きが緩慢です。

メカの可動部に塗布されているグリスが硬化しているのが原因です。

ピンチローラーの硬さを硬度計で測定します。かなり硬化が進行していますので、オーナー様の了解をいただき同サイズの代替品新品と交換します。

ヘッド周りを分解し、古くて硬くなったグリスをシリコングリスに置換します。

動きが軽やかになりました。

左右リールを取り外します。

硬化したアイドラーゴムを新品に交換します。ゴムが当たる面の清掃も行います。

前面のメンテナンスが完了しました。

続いて背面です。メカを前方に倒して基板を切り離します。

キャプスタンベルトの当たり面を清掃します。

トレイ開閉とヘッド・ピンチローラーを駆動するカムモーターです。ベルト交換は必須ですが、異音を発しているモーターも交換します。

テープ検出スイッチの接点が酸化していますので清掃します。

キャプスタンがメカを貫通する箇所にグリスを塗布し組み立てます。

メカのメンテナンスが完了しましたので本体に組み付けてテープをセットしましたが、テープが引っ掛かってトレイが完全に閉まりません。長期間不動のGX機に発生する不具合のひとつです。

検出スイッチを微妙に調整し、テープが引っ掛からないようにします。

調整後はセレクターが正常に作動しているか確認が必要です。

メカの動作はOKです。

テープガイドの脱着を行ったので、テープパスの点検調整を行います。

テープ速度の点検を行います。

ヘッドアジマスの点検を行います。逆位相気味です。

ヘッド右側の調整ネジを回して右肩上がり45度に合わせます。

バイアス調整を行い、

入出力レベルを合わせます。

いつも聴いているCDを録音して再生モニターを行い聴感で音質を確認します。最後にケーブルを束ねて、

完成です。外装・音質共に非常に状態が良い機体です。本領を発揮したGX機は最高ですね。

-GX-Z9100
-, ,

執筆者:

関連記事

GX機のテープパス

これまで「テープパス」については、このブログでも何回か説明してきましたが、日本語で言うと「テープの通り道」あたりになるのでしょうか? テープとヘッドは、常に一定の位置関係になくてはならず、そのために、 …

A&D GX-Z9100

今日はGX-Z9100の修理です。 10年ほど前に中古購入したものの、ほどなくして長尺テープで傷が付く症状が現れたので使用を控えていたということです。 ベルトスリップによりトレイが開いたまま閉まりませ …

A&D GX-Z9100

A&DのフラッグシップモデルGX-Z9100です。現在も非常に人気の高い機種です。 電源をONにすると「ギギギー」という唸り音が響きトレイが勝手に開きます。 カバーを開けました。修理歴はあるよ …

A&D GX-Z9100

今日はA&DのフラッグシップモデルGX-Z9100の修理です。 トレイ開閉はできますが、テープを挿入して再生しようとすると、「ウーン」とモーターが数秒間唸った後、そのまま停止してしまいます。 …

A&D GX-Z9100 & 9100EV

同じお客様から2台同時に修理依頼をいただきました。GX-Z9100と9100EVの修理です。 まず1台目、9100です。動作不可、トレイ開閉時の異音という不具合を抱えています。 ヘッド周りを覗いてみま …

検索

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM