Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

GX機のテープガイドはなぜ破損する?

投稿日:

GX機(GX-93,73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100)の故障時に、かなりの確率で破損が発生する箇所があります。それは、タイトルに書いたように「テープガイド」です。

この写真は、R側のテープガイドです。黒色のものは、形状は変わりませんがGX-93やGX-Z9000時代のものです。向かって右側がデッキの奥側になりますが、すべて奥側のガイドが破損しています。ジャンク品としてオークションに出回っているデッキの3割程度にこのような破損が見られます。ただし、機種によって材質が異なるためなのか、EV機を除くGX-9100(7100)が最も破損しやすいように思います。

それではなぜこのような破損が起きるのでしょうか?

GX-93です。これはトレイが開いたときの状態です。ヘッドとピンチローラー、テープガイド(以下、「ヘッド等」)はテープに引っ掛からないように下限まで下がっています。

これはトレイが閉まったときの状態です。ヘッド等は先ほどよりも少し上がって、正面から見ると、カセットテープの中に入り込んでいます。電源を切ってもこの状態は変わりません。

これは再生時です。ヘッド等は上限まで上がっています。このように、ヘッド等の位置は状況によって3段階に移動します。

一方、GX機の故障で最も多いのは、ピンチローラーアームの支点部に塗布されたグリス固化による固着です。この固着は、長期間機器を使用しない状況が続くと起こりやすく、酷いときはまったく動かなくなります。要するに上から2番目の写真の状態でヘッド等が固定されるということです。

そのときにテープがセットされている場合は、もちろん、テープがヘッド等に引っ掛かってトレイを開けることができません。それを無理やり馬鹿力で開けるとどうなるかというと、一番脆弱なテープガイドがカセットハーフと干渉して破損することになります。

このことは、L側のテープガイドにも同じことが言えますが、造りがR側よりも頑丈なため、破損しにくくなっています(R側の1/2程度)。

問題は、破損したテープガイドの修理です。非常に細かい箇所の破損ですので、補修は困難なため別のジャンク機から移植することが一般的ですが、非常に入手が困難となっています。

くれぐれも無理やりトレイを開けることのないようにお願いします。

-ワンポイントメモ
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

CDダイレクト入力

CDデッキが製造開始された以降、カセットデッキには、「CDダイレクト入力」が装備されたものが多く発売されました。 なぜ通常のLINE入力と分けているのでしょうか?理由はGX-Z7100の取説から引用し …

決して回さないでください。

カセットデッキは「メカ」と「電気回路」を組み合わせた電気製品なのは言うまでもありませんが、ほとんどの機種において、そのいずれも「調整」することが可能なように作られています。 なぜかというと、経年変化や …

テープパス

「テープパス(Tape Passing)」ってご存知でしょうか?日本語に訳すと「テープの通り道」といったところでしょうか。 カセットテープは、ピンチローラー、テープガイド、消去ヘッド、録音・再生ヘッド …

GX機の可変抵抗器修理

以前にも記事にしましたが、AKAIのGX-93(73)、A&DのGX-Z9000(7000)のウィークポイントにVOL(可変抵抗器)の故障というものがあります。 単なる接触不良であれば、接点に …

グリップとスリップ

カセットデッキにおいて、テープを巻き取るリールを回転させるメカニズムは、SONYのTC-K555ESLなどに多く採用されているギヤ式のアイドラーと、 A&DのGX-Z9000、9100に採用さ …

検索

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM