Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESL

SONY TC-K333ESL

投稿日:

昨日のTC-KA5ESと同じお客様がお持ちのTC-K333ESLです。

電源を入れましたが、様子が変です。

カセットハウジングのランプは点灯していますが、カウンター、メーターが点灯しません。操作ボタンも無反応です。オーナー様に確認すると、これまでそのような不具合は起きたことがないとのことしたが、いずれにしても電源ラインの故障が疑われます。

カバーを開けて点検を行います。キャプスタンは回転しています。

電源基板のガラス管ヒューズ、過電流保護素子が絶縁していないか点検します。異状ありません。

ところが、電源のONOFFを数回繰り返しているうちに、突然点灯するようになりました。しかし、その後、やはり不点灯となりました。

化粧パネルを外したところです。不点灯ではなく、うっすらと点灯していることがわかります。ということは、どこかに接触不良が起きて電圧が低下しているということです。

接触不良が起きている場所を特定するために、パーツを順番に指で少し押し付けてみます。そうすると、電源基板のコンデンサーに触れたときにディスプレイが点いたり消えたりしました。ここに接触不良が起きているようです。

電源基板を取り外しました。半田付けの状態を点検します。

左写真の中央部の2つの端子が先ほどのコンデンサーです。見た目では分かりませんでしたが、裏面に取り付けられているコンデンサーを揺すると、端子が動きますので半田割れが起きています。

通常、半田クラックというのは、半田そのものが割れてしまうのですが、今回は、パーツの端子と半田との間が絶縁するという非常に珍しいケースです。再半田を行い、無事電源部の修理は完了しました。

これでようやくメカのメンテナンスに移れます。この後の作業は昨日のKA5ESとまったく同じです。

硬化したピンチローラーを同サイズの代替品新品に交換します。

キャプスタンモーターの分解を行います。

電解コンデンサー液漏れにより端子が腐食しています。新品に交換します。

ベルト交換、グリスアップし組み立てます。7

メカフロント部の分解を行い、劣化し伸びきったベルトを交換します。

ロータリーエンコーダーの接点を清掃します。

テープの検出スイッチの接点を清掃します。

元通りに組み立てます。

本体にメカを戻し、ミラーカセットをセットしてテープ走行状態の点検を行います。

315Hzのテープを再生しています。テープ速度OKです。今回、オーナー様の意向によりヘッドアジマスは調整を行いません。

バイアス調整を行った状態で入出力レベルバランスを調整します。

最後にCDを録音して聴感テストを行い、

修理完了です。

 

-TC-K333ESL
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K333ESL

今日はSONYの3ヘッドデッキTC-K333ESLの修理です。 トレイ開閉はOKですが、 それ以外は、内部でモーター音がかすかに響くのみで、まったく動作しません。今回は当店の「リフレッシュメニュー」を …

SONY TC-K333ESL ゴムベルトにおけるブリード現象

SONYのTC-K333ESLです。 突然再生ができなくなったということです。7・8年前も同様の症状になり、他店で修理されたということです。 おそらくベルト劣化によるスリップが原因と思われますが、トレ …

SONY TC-K333ESL

このブログ初登場のTC-K333ESLです。といっても今回は修理記事ではありません。 ESG以降のSONY製カセットデッキは、ESL、ESAとモデルチェンジが頻繁に行われましたが、内容としてはマイナー …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(ESL以降モデル)

SONYのESシリーズのカセットデッキにおいて、ピンチローラーのクリーニングを安易に行う方法は、以前以下のとおり記事にしました。 SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法 SONY製ESデッ …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

検索

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM