Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-55ES

SONY DTC-55ES ヘッド固着

投稿日:

久しぶりにDTC-55ESの修理です。

キズのほとんど無い美品です。この機種と500ES、300ESは、メカがほぼ同じですが、長期間不使用の状態でテープをセットすると、「ギギギギギギ」といってメカが壊れます。私もこれまで2度ほど経験があります。なぜかというと、それは後ほど説明します。

ということで、動作確認を行わないで修理を進めます。内部も綺麗です。

55ESの修理依頼をいただいたときに、嫌な予感がしましたが的中しました。ヘッドが固着しています。回ることは回りますが、自力で回転することは不可能な状態です。この状態から回復した事例はこれまでありません。オーナー様からヘッド交換にGOサインが出ましたので、ヘッドを探すことにします。

ヘッドが入手できましたので修理を再開します。メカを取り出してカセットホルダーを切り離します。

おそらくこれまでに修理歴は無いと思われます。スポンジ製のヘッドクリーナーが機能していません。

不要なものは撤去します。カスが散らばっていますので清掃します。

✖を付けたのが元々のヘッドです。入手したヘッドも見る限り状態は良好です。

交換は簡単ですが、後ほど調整を行います。

DTC-1000ESからこの機種までの最大のウイークポイント、ロータリーエンコーダーのギヤ割れです。ギヤに開けられた2か所の穴の部分に割れが生じています。そのうち真っ二つになって不動になります。

半田ゴテでワイヤーを埋め込み、その上から弾性接着剤を盛ります。差し込み部分はテーパー状になっていて、ギヤに負荷を与えますので、少し削ります。

ピンチローラーの点検を行います。状態は良好です。

メカの分解を行います。基板、リールメカ、キャプスタンモーター、リングギヤ駆動モーターの順に取り外します。

緊張の一瞬です。この白いギヤと3枚目の写真のアイボリーのギヤが欠けていることが少なくありません。・・・大丈夫です。

リングギヤを取り外します。製造時に塗布されたグリスが固まっています。

CRCで古いグリスを溶かしながら除去し、シリコングリスに置換します。

元通り組み立てます。

この機種と500ES(M100)、300ESは、モーターの動力はプラスチック製のギヤを介してリングギヤに伝達されます。リングギヤの可動部に塗布されたグリスが固まって動きが悪くなると、モーターの動力の逃げ場が無くなり、プラスチック製のギヤを破壊します。ほかの機種は途中にゴムベルトを介していますので、異常な負荷が加わったときは、そこでスリップして力を逃がしますので破損することはありません。

リールメカです。使用時間が短いのでしょうか?ブレーキの状態は良好です。

回転部分にグリスを施し摩擦を低減します。

メカを組み立て、本体と仮接続します。

テープをローディングしたときに、ピンチローラーとキャプスタンとの間隔が1mm程度になるようにロータリーエンコーダーの位置調整を行います。それでも合わないときはギヤの噛み合わせをひとコマずらします。

音は出ましたが、雑音混じりです。また、この機種は巻き戻しと早送りの最後に近い位置で、リールの回転が停止するという不具合が起きやすいため、ブレーキのかかり具合を調整する必要があります。それでも停止する場合はテープが原因です。

ヘッドの信号を点検します。ヘッドとテープの位置関係に問題があります。調整を行います。

ヘッドホンVOLにガリが起きています。SONYのこの年代のデッキはほぼ100%起こります。

55ESではフロントパネル脱着時に注意が必要です。

ヘッドホンアンプのアースが本体と底板の間に挟まっています。これを元通りにしないと、ヘッドホンでの再生音がボーカル抜きの音になります。

フロントパネルを外して、VOL(青い四角のパーツ)の隙間から接点復活剤を注入します。

各モードでの録音再生状況を確認し、完成です。

-DTC-55ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-55ES

今日はDTC-55ESの修理です。 早送りすると数秒で停止するという不具合を抱えていますが、何度か繰り返すと症状は無くなります。再生は正常です。 操作しているうちに改善されるということは接触不良が原因 …

DTC-55ES 周期的なノイズ混入

今回は愛機DTC-55ESの修理の話です。これは私が一番最初に購入したDATデッキですが、最近はラックの端に押しのけられて、すっかり出番が少なくなっていました。 今日久しぶりに使用したところ、なぜか波 …

DTC-55ES RFアンプ故障?

DTC-55ES、先日の続きです。メカの組み立てを終えて、メカを仮配線して試運転しましたが、 さっぱり音が出ません。ヘッドクリーニングを行っても一向に改善の兆しは見られません。これはヘッドの故障かと半 …

SONY DTC-55ES RFアンプ故障

かなり前のことですが、ジャンク機として入手したDTC-55ESの修理を行いましたが、その時はヘッドの故障が見つかったため、そのまま倉庫に放置していました。 先日、たまたま中古ヘッドを入手することができ …

SONY DTC-55ES

本日はDTC-55ESの修理です。 LONGモードでの録音ができないという故障です。再生はできるということですので、おそらく基板の故障と思われます。試しに録音してみましたが、スタンバイ状態でも数秒で停 …

検索

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM