Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TD-V711

VICTOR TD-V711

投稿日:

今年の夏に当店でDATデッキを修理されたお客様からカセットデッキの修理依頼をいただきました。

VICTORのTD-V711です。サービスセンターでは「部品が無いから」と断られたとのことです。

早送り・巻き戻しはOKですが、再生ボタンを押しても右側のリールが回転しません。VICTOR定番の故障は逆の場合がほとんどですが、ギヤ割れでしょうか?

カバーを開けてメカを取り出す準備を行います。このメカはメカ背面2本底面2本のビスで固定されています。

本体の底板には重量を増加させ振動を抑える「SOLID BASE」が装備されています。

底板を取り外しました。キャプスタン回転させるDDモーターです。ベルトの状態は良好です。

メカ天面の基板です。ここにハウジングランプの端子が半田付けされていますので、一旦切り離します。

ヘッドのコネクタを切り離してメカを取り出します。・・・ちょっと様子が変です。

右側リールの黄色いリング部が前方にせり出しています。左側のリールと比べると違いが分かるかと思います。

分解してみました。黄色いリングの裏側です。このパーツはハメコミ式になっていますのが、割れています。それでスプリングの力でハメコミ部が抜けて前方に押されたようです。

ハメコミ部を接着して修理します。乾くまでクリップで固定しないとスプリングの力で押し出されます。

点検を進めます。ウイークポイントのギヤの状態はどうでしょうか?健全です。破損しやすいギヤはアイボリー色ですが、これは白色です。おそらく材質が違うので破損しにくいのだと思います。

この黒い丸いパーツはアイドラーです。

再生時に、キャプスタンに接触し、右側リールに回転を伝達します。リールに不具合が起きて、ここで空転していました。

右側リールを基に戻します。これでアイドラーが空転することはありません。

本体に組み込む前に動作テストを行います。OKです。

組み込みました。音出しもOKです。

今回は不具合個所のみの修理ですので、これで完了です。

-TD-V711
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM