Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-9

AKAI GX-9

投稿日:

本ブログ初登場のGX-9ですが、修理は以前何度か行ったことがあります。

まずは動作確認を行います。

トレイ開閉はOKですが、テープを入れるとモーター音がうるさく鳴りっぱなしです。また、右側リールが回転しません。

何度か試しているうちに右側リールが回転しだして、テープ走行はするようになりましたが、モーター音は鳴りっぱなしです。また、電源を一旦OFFにしないと操作を受け付けません。

早速修理に移ります。メカはGX-93など以降のモデルと同一です。

メカを取り出すためにはヘッドのケーブルの関係上、コントロール基板を脱着する必要があります。

この状態で作業を進めます。まずはカセットホルダーを切り離します。

ホルダー両サイドのスプリングを取り外し、

加熱整形します。これでカセットを押さえつける力が元通りになります。

と、ここで異状に気づきました。ホルダーの右側のガイドピンがありません。状態から判断すると、破損したものを復旧するために、差し込むための穴を開けたものの、途中で断念したといったところでしょうか?

既に穴あけ加工までなされていましたので、そこに3mmのネジをねじ込んでネジ山を作り、一旦外した後(つけたままでは切断時の熱でホルダーが溶けてしまいます。)にネジを切断し、それを再度ねじ込みます。

メカ本体の整備に移ります。ヘッド周りの固着はありませんでしたが、

よくよく観察すると、ピンチローラーアームの動作に関係するスプリングが変形しています。なぜこうなったのかはわかりませんが、おそらく人為的なものでしょう。

右側は別のものに交換されています。以前修理が行われた時に紛失したのでしょうか?

右側ピンチローラーの支点部は酷い傷がつけられています。固着した状態を解消するために、ペンチ等で掴んで無理やり引っ張ったためと思われます。

スペアパーツと交換します。

スプリングも同様です。上は元々付けられていたもの、下は正規品です。

硬化したピンチローラーを交換します。

ヘッド周りの駆動パーツを分解清掃します。

組み立て後です。

リール周りのメンテナンスを行います。

ブレーキパッドが脱落し紛失しています。

GX-Zの最終型の脱落防止対策品と交換します。

アイドラーゴムを交換します。

フロント側の整備完了です。

メカ背面に移ります。基板を取り外し、

フライホイールを脱着し汚れを清掃します。

カムモーターです。軸受けの摩耗により異音を発していますのでモーターを交換、ベルトも新品交換します。

酸化により接触不良となっているテープの検出スイッチの接点を清掃します。

元通りに組み立てます。キャプスタンベルトも交換します。本体に組み込み、

テープ走行、音出しOKです。ところが・・・

ここで新たな異状に気づきました。カセットテープ消去防止孔を検知するためのレバーが折れています。右写真は正常なものです。

幸いにもスペアパーツがありましたので交換します。

調整に移ります。テープ速度を合わせます。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

12.5kHzのテープでヘッドアジマスを調整します。

入力と出力のレベルを合わせます。

ケーブルを束ねました。

このデッキの特徴はバイアスオートチューニングです。テープをセットし、録音ボタンを押すと、2・3秒でバイアスを自動調整し、元の位置まで巻き戻されます。

完成しました。満身創痍のデッキでしたが、動作音質ともに良好な高性能高音質機に生まれ変わりました。

-GX-9
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM