Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ESX

SONY TC-K555ESX 走行停止~意外な原因

投稿日:2020年1月19日 更新日:

お客様から3台同時に修理依頼をいただきました。

まずは、SONYの3ヘッドカセットデッキ、TC-K555ESXです。

症状は、「テープ走行が勝手に停止する」です。

考えられる原因は3つです。「コントロール基板の故障」、テープ走行検知システムの「ランプ切れ」同じく「センサーの故障」です。しかし、今回は意外なことが原因でした。

ランプ切れは無いようです。今回の故障とは関係ありませんが、ダンパーの劣化により、トレイ開閉が「ロケットオープン」状態です。このままではトレイが破損しますので、後ほど修理します。

テープをセットしました。「再生」「早送り」「巻き戻し」いずれも2秒ほどで停止してしまいます。

メカを取り出しました。

バックパネルを外して実験を行います。

カセット検知スイッチをクリップで挟んで、テープがセットされた状態にします。

再生ボタンを押します。もちろんすぐに停止してしまいます。

今度は、右側リールに懐中電灯で光を当てて、再生ボタンを押します。停止しません。

SONYのこの時代のデッキは、テープ走行の検知システムとして、ランプの光をバックパネル背面のプリズムでセンサーに導き、それをリールに開けられた穴からセンサーが検知し、リールの回転・停止を判断するようになっています。ランプは切れていませんでしたので、原因は光量にあります。

原因が分りました。このランプの光を受ける部分に埃がうっすらと堆積していました。清掃後は、何もなかったように正常に動作します。

不具合は解消されましたので、ロケットオープンの修理に移ります。

カセットホルダーをメカ本体から切り離します。左側に開閉の速度を減速させるためのダンパーが装備されています。

このゴムリングを交換し、多めにシリコングリスを塗布します。

スムーズな開閉です。

メカが正常に動作するようになりましたので、点検調整に移ります。ミラーカセットを用いてテープ走行状態を目視点検します。

テープ速度は規定値内です。

ヘッドアジマスを調整します。

バイアス調整を行った後に、

左右同レベルの音量の音源を入力し、再生モニターします。バランスに狂いが認められます。

調整後です。直線が開いているのは録音ヘッドのアジマスの関係ですが、問題ないレベルです。

CDを録音し、聴感テストを行います。

完成しました。メカはESG以降のものよりも故障が少なく、安心して使用できるデッキです。

 

-TC-K555ESX
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K555ESX トルク不足?

TC-K55ESXの修理依頼をいただきました。 不具合の症状ですが、巻き戻しや早送りのトルクが弱く、途中で停止するというものです。 操作しましたが、確かにリールの回転が重い状態です。操作を切り替えた時 …

SONY TC-K555ESX

TC-K555ESXの修理依頼をいただきました。 2点不具合を抱えているとのことです。 1点目は、この機種に必ず起こる「ロケットオープン」です。トレイが開くときのスプリングの力を吸収するダンパーの劣化 …

SONY TC-K555ESX

このブログを始めてから最初の555ESXです。 「動作するが音は出ない」とのことです。 EJECTボタンを押すと、いわゆる「ロケットオープン」状態です。ダンパーが効かずにもの凄い勢いでトレイが開きます …

検索

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM