Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESJ

SONY TC-K333ESJ

投稿日:

同じお客様の3台目のデッキです。

SONYのTC-K333ESJです。電源ON、イジェクトボタンを押したりすると、モーター音が唸ります。リッドは開きません。

カバーを開けて、メカに接続されているコネクタ類を切り離し、

メカを取り出します。

カセットホルダーを切り離し、

ピンチローラーアームを取り外してキャプスタンモーターを分離します。

背面の基板を外し、

右側の10μFの電解コンデンサーの端子が腐食しています。基板も損傷を受けており、同じ場所への半田付けは困難な状態です。

取り付けやすい箇所に移設します。

フライホイールを脱着し、キャプスタンにグリスを塗布し、組み付けます。ベルトも交換します。

続いてメカフロント部を切り離します。

メカを駆動するベルトが溶けてプーリーに巻き付いています。

洗剤で綺麗にふき取り、新しいベルトを仮掛けします。組み立てた後に、モータープーリーに掛け直します。

ロータリーエンコーダーを取り外します。

分解します。接点が汚れています。

アルコールで汚れを拭き取りました。接点部は少し削れて溝状になっていますので、リューターで平らに磨きます。

最後にスライド接点用グリスを塗布し組み立てます。

テープ検出スイッチのカバーを慎重に外し接点を清掃します。

凹凸を合わせ、

合体します。

ピンチローラーを専用クリーナーで処理し、

メカの整備が完了です。本体に戻します。

テープ走行、音出しOKです。

調整に移ります。ミラーカセットでテープ走行状態を目視点検します。

テープ速度OK、

再生ヘッドアジマスです。狂いは無いように見えますが、実は大幅に狂っています。右が調整後です。波形の長さは高域の出力を表しています。

バイアスキャリブレーションを行い、

左右同レベルの入力に対し、録音再生モニターが同レベルになるよう合わせます。

RECツマミがグラついています。脱着し、取り付け部の増し締めをします。

数種類のテープで録音再生モニターを行い、

完成しました。

-TC-K333ESJ
-,

執筆者:

関連記事

触らぬ神に祟りなし(TC-K333ESJ)

今日もジャンク機の修理です。初めて取り扱うTC-K333ESJですが、修理方法はこれまでのシリーズとなんら変わりはありません。 不具合の症状は、とりあえす「トレイが開かない」というもので、アシストモー …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(ESL以降モデル)

SONYのESシリーズのカセットデッキにおいて、ピンチローラーのクリーニングを安易に行う方法は、以前以下のとおり記事にしました。 SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法 SONY製ESデッ …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

SONY TC-K333ESJ

SONYの3ヘッド、デュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K333ESJの修理依頼をいただきました。 なかなかの美品です。 電源をONにするとモーターが高速回転する音が聞こえますが、操作不可の状態 …

TC-K333ESJ ピンチローラー交換

昨年秋にヘッド交換を行ったTC-K333ESJですが、最近テープの冒頭で「クシャクシャ」と音がしてテープにシワが付く状態となったとのことです。 走行が乱れてテープにキズが付くのは、ほとんどが左側ピンチ …

検索

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM