Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-59ES (ESJ)

SONY DTC-59ESJ

投稿日:

SONYのDATデッキ、DTC-59ESJです。

今回は、正常動作品のメンテナンスを行います。

59ESとの違いは、「SBM」が装備されていることと、内部がメカを除き一新されていることです。

スポンジ製のヘッドクリーナーは既に無くなっています。後ほどアームも撤去します。

メカを取り出して、まずは、開閉の不具合の起きやすいトレイのグリスアップを行います。

メカ底面の基板を取り外すとリールメカが現れます。

さらにリールメカを取り外すと、可動式テープガイドの駆動部にアクセスすることができます。

ここも不具合の起きやすい箇所です。ギヤを固定している樹脂製ブッシュをEリングに置換します。

キャプスタンモーターも取り外し、先ほどのギヤを駆動するプレートを分解し、パーツ同士が擦れる箇所にグリスアップを行います。

ここもウィークポイントです。テープガイドのレールが割れて間隔が狭まり不動となることがあります。この機体は問題ありません。

リールユニットです。グリス固着によりローディング不良を起こしますので、分解しグリスを施します。

高速回転するリールを分解し、回転部分にグリスアップします。

ヘッドクリーナーのアームを撤去しました。

拡大鏡で回転ヘッドの表面を点検し、付着したテープカスなどの汚れを爪楊枝の先で除去します。

ヘッドホンVOLにガリが出ていますので、内部からVOL背面の隙間に接点復活剤を微量吹き付けます。

再生・録音・巻き戻し・早送りなどひととおり動作確認を行い、

完了です。

-DTC-59ES (ESJ)
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-59ESJ テープが取り出せません

SONYのDATデッキ、DTC-59ESJの修理依頼をいただきました。 59ESとの違いは、SBM搭載の有無ですが、内部の設計も見直しがされています。 テープが閉じ込められていますが、イジェクトボタン …

SONY DTC-59ES タイミングベルト交換

「タイミングベルト交換」というと自動車のエンジンのことかと勘違いしそうですが、 DATデッキにも正式な名称で使用されています。このベルトはどこに使われているかというと、 このように、リールメカでモータ …

DTC-59ES 基板不良

DTC-59ESのメカの修理を終え、動作確認を行いました。 すると、ヘッドからの信号がなぜか不安定です。信号も不明瞭ですし、オシロスコープを接続すると途端にノイズが発生するといった状況です。 RFアン …

SONY DTC-59ES

本日の修理はSONY製DATデッキ、DTC-59ESです。 世界で最も販売台数が多いDTC-57ESの改良版ともいえるメカや回路を搭載し、スリムかつシンプルなデザインとなり格調高い風貌となりました。 …

SONY DTC-59ES

本日はSONY製のDATデッキDTC-59ESの修理です。不具合の状況ですが、「ノイズ発生」「テープが取り出せなくなった」とのことです。 デッキが到着しました。テープを損傷するおそれがあるので動作チェ …

検索

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM