Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9000 日記

先入観で迷走(GX-Z9000)

投稿日:

今日はGX-Z9000の修理を行いました。当店の最も得意とするデッキのひとつです。

いつもどおりメカの修理を終えて、テープ走行と音出しの確認です。

しかし、L chの音が出ません。

LINE INに音源を接続し、「SOURCE」に切り替えましたが、同様です。再生のみ音が出ないということはこれまで何回も経験しましたが、入力もというパターンは初めてです。基板の故障でしょうか?

(写真は別のデッキの基板です)さあ面倒なことになりました。

回路図とにらめっこしながら、関係しそうなところを点検していきます。

ICやトランジスタを交換しましたが、まったく状況は変わりません。そうこうしているうちに3時間以上経過し、かなり疲れが出てきましたが、不具合個所を特定するためにいろいろなことを試します。

入力の不具合とは関係ありませんが、再生ヘッドのコネクタを左右逆に差し込んでみました。

驚きました。不具合が左右入れ替わりました。ということは、再生回路は正常で、問題はヘッドということになります。GXデッキは100台以上修理してきましたが、ヘッドの故障は初めてです。では、なぜ入力にも同じ不具合が起きているのでしょうか?

まさか?と思いバランスツマミを何回か左右に回します。・・・復旧しました。「SOURCE」でLchの音が出ないのは、VOLの接触不良であることが判明しました。今回はヘッドの故障とバランスVOLというまったく別の不具合が、たまたま同じLchに起きていたということになります。

GXヘッドです。パーツボックスに最後の1個が転がっていました。

早速ヘッド交換を行い、復活しました。ここまで丸一日掛かりました。

今回は、「原因は回路の不具合」「ヘッドの故障は無い」という先入観により判断を誤り迷走しましたが、良い経験をしました。初心に帰って精進します。

-GX-Z9000, 日記
-,

執筆者:

関連記事

中古機器の価格高騰が修理費用に及ぼす影響

ここ数年、オーディオブームが最高潮であった1970年代から2000年頃までに発売された機器の高騰が続いています。 例を挙げると、GX-Z9000のジャンク機のオークションでの落札額は、5年ほど前では5 …

AKAI(A&D)GX機のカムモーター

AKAIのカセットデッキ、「GX-93、GX-73」やA&Dの「GX-Z9000、GX-Z7000、GX-9100、GX-7100」のウイークポイントはいくつかありますが、その中のひとつとして …

電解コンデンサーの寿命

電化製品には沢山の電子部品が使用されています。最近の製品では集積化が行われ部品の点数自体は少なくなりましたが、それでも数百から数千ものパーツにより構成されています。 電子部品には、トランジスタ、抵抗、 …

ゴムの劣化(その1)

今回は2回にわたり、デッキに使用されているゴム製品の劣化について記載します。 そのうち今日は「硬化」についてです。 DTC-ZE700のトレイ開閉不可の修理を行ったときの写真です。ご覧のようにトレイベ …

A&D GX-Z9000

今日はA&DのGX-Z9000の修理依頼をいただきました。 左側ピンチローラーアームの固着、そして、右側キャプスタンにテープが絡まり取り出せない状況です。電源をONにすると、トレイが開こうとし …

検索

2020年1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM