Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法

投稿日:2020年2月8日 更新日:

SONYのESG以降のカセットデッキは、左側ピンチローラーの汚れや劣化によるテープ走行の乱れが問題となることが少なくありません。

具体的な現象としては、テープを再生していると、突然「ミリミリ」という音と共に、テープにシワが付きます。

その原因が、ピンチローラーの硬化などにより劣化している場合は交換するしかありませんが、そうでない場合は専用液による汚れの除去、劣化防止を行うことにより、良好な状態を保つことができます。

しかし、ESシリーズのクリーニングの問題は、ヘッドと異なり、ピンチローラーはデッキの構造上およびシステム上、非常に面倒かつ困難なことです。といって、クリーニングテープではピンチローラーは綺麗になりませんので、綿棒などで直接拭き取らなければなりません。

普通は、リッドを取り外して、正面や上からクリーニング液に浸した綿棒で汚れを拭き取るということになりますが、SONYのデッキ(ESL以降はこちらをご覧ください)では、テープをセットしなければヘッドとピンチローラーが下がったまま(ピンチローラーが回転しない状態)となっていますので、全周を完璧に清掃することは非常に面倒です。逆に言うと、ピンチローラーが回転していれば非常に清掃が楽で確実に行うことができます。

テープをセットしないでピンチローラーを回転させる方法ですが、ハウジングの上部に半透明のカバーに保護されたテープ検出スイッチが4つあります。左から「誤消去防止」「テープ挿入」「メタル」「クロム」になります。

そこで、トレイが閉まった状態で、マイナスドライバーを左から2番目の「テープ挿入」スイッチのところに差し込みます。これでスイッチONとなり、テープがセットされたのと同じ状態となります。

これで再生ボタンを押すとヘッドとピンチローラーが上がり、キャプスタンに接触して回転しますので、

専用クリーナーを浸み込ませた綿棒を、回転しているピンチローラーに当てるだけで全周綺麗にふき取ることができます。ただし、差し込む場所を間違うと綿棒が巻き込まれますのでご注意ください。また、ドライバーを差し込むときはスイッチを破損しないよう、慎重に行ってください。

※くれぐれも自己責任で行ってください。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

CDダイレクト入力

CDデッキが製造開始された以降、カセットデッキには、「CDダイレクト入力」が装備されたものが多く発売されました。 なぜ通常のLINE入力と分けているのでしょうか?理由はGX-Z7100の取説から引用し …

トレイ開閉の静音化

AKAI、A&DのGX系GX-93・GX-73・GX-Z9000・GX-Z7000・GX-Z9100(EX・EV)・GX-Z700(EX・EV)のデッキには、共通のメカが採用されています。 こ …

リールモーター故障の回避法

最近カセットデッキの故障の原因で多くなりつつあるのが「リールモーターの故障」です。そして、その故障の原因は、内部ブラシ・整流子の酸化による接触不良がほとんどです。 新品のモーターが入手できるのであれば …

テープパス

「テープパス(Tape Passing)」ってご存知でしょうか?日本語に訳すと「テープの通り道」といったところでしょうか。 カセットテープは、ピンチローラー、テープガイド、消去ヘッド、録音・再生ヘッド …

AKAI(A&D)GX機の使用上の注意

カセットテープを再生(録音)する場合、テープとヘッドの位置関係が常に一定である必要があります。 カセットがぐらつくなど不安定な状態では、再生するたびに微妙に位置がずれてしまいます。そうなると、音質や音 …

検索

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM