Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100

A&D GX-Z7100

投稿日:

A&DのGX-Z7100です。無印の7100は久しぶりに扱います。

この機種以降のGX機の一番の課題は、「テープガイドの破損」です。詳細は以下記事をご覧ください。

GX機のテープガイドはなぜ破損する?

テープガイドが破損していても、正常に動作はしますが、あまり気持ちの良いことではありません。

この機体は大丈夫です。ほっとしました。

点検を進めます。電源をONにすると、「ウイーン」と数秒間モーターの音が鳴り響き、トレイが勝手にOPENします。

カバーを開けて内部の点検を行います。修理歴は無いように思います。

メカを取り出します。

カセットホルダーを切り離して分解します。

ホルダーに組み込まれているスプリングの脱着を行い、加熱整形します。

メカ本体を分解していきます。ヘッドとピンチローラーの動きがかなり重くなっています。

この可動部に塗られたグリスが固まっているのが原因ですので、分解清掃を行います。

ヘッドやピンチローラーを取り外します。

ピンチローラーを同サイズの代替品新品と交換します。

パーツを清掃し、組み付け時にシリコングリスを塗布しながら組み立てます。綺麗になりましたね。

続いてリール周りに移ります。

左右リールとアイドラーを取り外します。ゴムの当たる面をアルコール清掃します。

ブレーキパッドは脱落防止対策品が取り付けられています。かなりの後期モデルだったようです。

アイドラーゴムを交換します。

メカ背面の基板を取り外します。

キャプスタンベルト(左は新品)はかなり汚れています。

ベルトの当たり面のザラザラを清掃します。

カムモーターのベルトも新品交換します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

元通りに組み立てて、メカのメンテナンスが完了しました。

本体に戻して動作テストです。OKです。

L側ピンチローラーの脱着を行った後は、テープガイドの位置(テープパス)点検は必須作業です。問題ありません。

315Hzのテープを再生します。1%の狂いです。

コントロール基板上のトリマを回して調整します。

再生ヘッドのアジマスを調整します。高域の出力が改善されました。

バイアス調整を行い、

入力に対する出力のレベル合わせを行います。

CDを録音再生モニターします。音質良好です。

ケーブルを結束バンドで束ねて、完成です。

-GX-Z7100
-, ,

執筆者:

関連記事

GX機トレイ補修

AKAI、A&DのカセットデッキでGX-93、73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100のカセットホルダー(トレイ)は、構造がほぼ同一です。 この箇所で一番多い故障は、モード …

GX-Z7100ヘッドフォン出力の故障

今日はGX-Z7100のヘッドフォン出力の不具合です。 LINEOUTは正常に出力されるのですが、ヘッドフォンでは無音状態です。 通常、ヘッドフォン出力は、図のとおり、LINEOUTの手前で分岐し、ア …

A&D GX-Z7100 半田クラック

今回はA&DのGX機に比較的多くみられる基板の半田クラックに関する修理です。 電源投入直後は、何もしなくてもメーターが4目盛りほど点灯していましたが、しばらくすると正常に戻りました。 再生も最 …

A&D GX-Z7100

本日の修理はA&DのGX-Z7100です。実家を取り壊す際に見つかったということで、昔録音した大量のテープとともにしまい込んであったというものです。 この機種の紹介は以前の記事に記載しましたの …

A&D GX-Z7100

今日はGX-Z7100のメンテナンスを行います。 前モデルであるGX-Z7000の主に回路部を見直し、さらに高音質化が図られたモデルで、上位機種のGX-Z9100とはメカ、回路ともに同等で大変CPの高 …

検索

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM