Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9000

GX-Z9000 特定のテープに対するバイアス調整

投稿日:

先日、オークションに出品していたGX-Z9000整備品に対して質問がありました。「いつも使用しているテープに合わせたバイアス調整をすることは可能か」というものです。

録音時のバイアスは、使用するテープによって調整が必要となりますが、バイアス量と録音レベルは相関関係(周波数特性を変えるためにバイアス調整を行うと、レベルも上下する)にあります。

GX-Z9100以降のモデルであれば、キャリブレーションシステムにより、メーターを見ながらバイアス量とレベルを短時間で調整することができますが、GX-Z9000は、バイアスツマミで音質を調整後に、RECVOLで音量調整を行う必要があり、少し面倒です。ただし、いつも同じテープを使用するのであれば、予めそのとおりにセッティングすることにより、その煩わしさから解放されます。

質問に対して「可能です」と返答したところ、ほどなくして、その方から入札があり落札されました。

このデッキです。調整に当たっては、お客様がいつも使用しているテープをお送りいただけるということです。

2日ほどで到着しました。TDKのクロムポジションテープ、CDing2です。

調整を行う際は、走行が不安定なテープトップは避け、ある程度テープを巻き取ってから行います。

バイアス調整の方法ですが、その前に、ヘッドアジマスに狂いが無いことが前提となることをご留意ください。

パソコンで315Hz、1000Hz、10000Hz、12500Hzのサイン波を出力します。それをDAコンバーターでアナログ出力し、デッキのINPUTに接続します。デッキのOUTPUTには別のパソコンを接続し、録音再生モニターで入力と出力の各周波数のレベルが同じになるように合わせます。

バイアスツマミはセンター固定です。

各周波数において入力のグラフが出力のグラフと同一になるように、

基板上のバイアスツマミとRECLEVELツマミで調整します。

dbxがONとOFFの両方で調整を行います。

完了しました。

-GX-Z9000
-, ,

執筆者:

関連記事

GX-Z9000半田クラック

A&D社製の3ヘッドカセットデッキGX-Z9000のデッキメカ修理を終え、試運転を行った際のことです。 左CHの入力がありません。このときの原因は大きく3つ考えられます。一つ目は「VOLの接触 …

A&D GX-Z9000

今日はA&DのGX-Z9000の修理を行いました。 電源を入れると、「ガー」という異音が鳴り続け、正常に動作しません。 カバーを開けたところ、カムモーターのベルトが見当たりません。 と思ったら …

A&D GX-Z9000

隣町の恵庭市在住の方からGX-Z9000の修理依頼をいただきました。千歳市内でお仕事をされているとのことで、帰宅途中にご持参いただきました。分かりづらい場所にも関わらずお越しいただきありがとうございま …

A&D GX-Z9000 ピンチローラー二重苦

先日の機体とは別のものですが、今回整備を行ったGX-Z9000で珍しい故障が見つかりました。 テープ走行の状態を自作のテープパス点検カセットで確認していたときのことです。左側のピンチローラーがスリップ …

A&D GX-Z9000 表示パネル不灯

今日はGX-Z9000の修理を行いました。 初めに動作確認を行ったところ、写真のように表示パネルが点灯しません。この症状は以前GX-Z7000で経験していますので、ケーブルの接触不良と思い、関係するケ …

検索

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM