Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

D-07

PIONEER D-07 再生時のチリチリ音

投稿日:2020年2月21日 更新日:

先日、お客様からPIONEERのDATデッキ、D-06の修理に関してお問い合わせがありました。再生時に「チリチリ」というノイズが混じるが修理可能かというものです。あまり経験したことのない不具合ですが、「点検は無償で行いますので機器をお送りください」とご連絡しました。

ところが、偶然とは恐ろしいもので、ちょうど今日修理をしていたPIONEERのD-07ですが、修理後の点検で、「チリチリ」というノイズが再生音に混じるのが確認されました。

ヘッドやRFアンプなどのデジタル回路の不具合?と思いましたが、まずは点検を行うことにしました。

アナログ出力は、LINEOUT、ヘッドホンともに同様です。しかし、デジタル出力にノイズはありません。ということは、ヘッド周りは正常で、アナログ回路に問題があるということです。

アナログ回路は、2層になっている基板の上段部です。回路図を見ると、DACから出力されたものを普通のアナログ回路で増幅しているようです。その中で不具合が出そうなパーツといえば、

電解コンデンサーです。DACの前後に1000μFがLRそれぞれ4個、計8個ありますので、このあたりが怪しいと思い交換しました。

ビンゴでした。ノイズは消え去りました。

-D-07
-, ,

執筆者:

関連記事

PIONEER D-07

先週のD-07Aに引き続いてのPIONEERのDATデッキですが、今回は無印のD-07です。 中古購入したものの、少し使用してすぐに雑音が混じり、その後無音状態となったということです。 テープ走行はし …

PIONEER D-07

先日に続き、PIONEERのDATデッキ、D-07の修理依頼をいただきました。 トレイ蓋が開きっぱなしになっています。 こうなった原因は、蓋の化粧パネルが剥がれ、フロントパネルと干渉したことです。それ …

PIONEER D-07 トレイ蓋修理

PIONEERのDATデッキ、D-07です。 トレイの蓋が開きっぱなしになったためテープで止められています。同じPIONEERでも下位機種のD-05では構造が異なるため同様の不具合は起きませんが、この …

PIONEER D-07 電源部の故障

PIONEERのDATデッキ、D-07の修理を行いました。 電源が入りません。この機種で、メカは動くがディスプレイが点灯しないという故障は、RFアンプのタンタルコンデンサーの劣化が原因という場合があり …

PIONEER D-07 タンタルコンデンサー故障

このところD-07ネタが多くなっていますが、今日は、少し前にD-07Aの修理依頼をいただいた方から買取りしたジャンクD-07の修理に取り組みました。 最初はRFユニットの基板実装型電解コンデンサー10 …

検索

2020年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM