Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9100

A&D GX-Z9100

投稿日:

A&DのフラッグシップモデルGX-Z9100です。現在も非常に人気の高い機種です。

電源をONにすると「ギギギー」という唸り音が響きトレイが勝手に開きます。

カバーを開けました。修理歴はあるようですが、ケーブルの固定方法からサービスセンターによるものではないことがわかります。

コントロール基板、本体底部基板に接続されているコネクターを切り離しメカを取り出します。

最初にカセットホルダーを取り外し、分解します。

ホルダー左右に装備されているスプリングの脱着を行い加熱整形します。

これでカセットを押さえつける機能が回復します。

ヘッドとピンチローラーの固着はありませんが、指で押し上げると、動きが重いのが分ります。

製造時に塗られたグリスが固まりかけているのが原因です。

分解し、古いグリスをシリコングリスに置換します。

ピンチローラーを新品交換します。

動きが軽やかになりました。

左右リールとアイドラーを分解します。

脱落しやすいブレーキパッドは、後期型の改良品が取り付けられていますので安心です。

アイドラーゴムを交換、ゴムの当たり面を清掃し組み立てます。

メカ背面の基板を取り外します。

ベルトはかなり汚れが見られます。

キャプスタンフライホイールは、ゴムの当たり面のザラつきを除去します。

異音を発していたカムモーターです。ベルト交換は必須です。

モーターは軸受けが劣化していますので、EV用に交換します。

テープ検出スイッチの接点清掃を行います。

汚れていたキャプスタンベルトも交換し、組み立てます。

本体に組み付けて動作確認を行います。もちろんOKです。

点検調整に移ります。テープパス、テープ速度の点検を行います。

ヘッドアジマスの僅かな狂いを調整します。

バイアス調整後に入出力のバランス調整を行います。

完成しました。動作音質良好です。

 

-GX-Z9100
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z9100

今日はGX-Z9100の修理です。偶然にも4台続けてのGX-Zの修理です。 これもまた偶然にも昨日のEXと同様、カセットホルダーが外れた状態で届きました。不具合の状況は、「テープ走行不可」です。 再生 …

A&D GX-Z9100

本日の修理はA&Dの名機、GX-Z9100です。 前モデルのGX-Z9000で定評のメカ、スーパーGXヘッドなどを継承するとともに、デザインや回路は一新し、存在感があり所有欲を満たしてくれるモデルです …

A&D GX-Z9100(7100)に発生する断線

先日、お客様のGX-Z7100EXを修理していたときのことです。 不具合の症状としては、キャプスタンが次第に低速になり最終的には停止してしまうというものでしたが、 キャプスタンモーター基板を交換し、無 …

GX機のテープパス

これまで「テープパス」については、このブログでも何回か説明してきましたが、日本語で言うと「テープの通り道」あたりになるのでしょうか? テープとヘッドは、常に一定の位置関係になくてはならず、そのために、 …

A&D GX-Z9100

久しぶりにGX-Z9100の修理依頼がありました。 不具合の状況は「トレイを閉めても勝手に開く」「再生してもすぐ停止する」「ピンチローラーの上下動が緩慢」ということです。いずれもGX-Z9100定番の …

検索

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM