Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-R70EX

AKAI GX-R70EX

投稿日:

以前お取引いただいたお客様から別のデッキの修理依頼をいただきました。

AKAIのオートリバースデッキ、GX-R70EXです。

テープをセットして再生ボタンを押してもテープ走行しません。

カバーを開けて点検します。リバース動作は正常ですが、

キャプスタンが回転していません。

これがキャプスタンモーターです。プーリーを指で動かしてやると動作するようになりました。モーターの故障です。この機種で同様の故障は何度か経験があります。

テープポジションの表示が「METAL」「NORMAL」両方点灯しています。検出スイッチの接触不良が起きています。

メカを取り出すためにはフロントパネルの脱着を伴います。そのためにはトレイが開いた状態で作業を行う必要があります。

ケーブルを切り離してメカを前方から引き抜きます。

メカ向かって左側にモード検出用のスイッチがあります。穴が開いていますので、細いヤスリを差し込んで接点を清掃します。

このリーフスイッチも同様です。

ホルダーを切り離します。

ホルダーに内蔵されているスプリングを取り外し、

加熱整形します。

ヘッド周りの点検を行います。劣化しているピンチローラー左右交換します。

テープ検出スイッチの接点も清掃します。

リールモーターを取り外します。

新品のモーターに交換します。

出力、バランスVOLの接点に接触不良が起きていますので、隙間から接点復活剤を注入します。

動作テストOKです。

テープ速度の調整を行います。315Hzのテープを再生していますが、ワウフラッターで上下しますので、315Hzを中心に針が振れるように合わせます。

ヘッドアジマスを合わせます。オートリバース機は往復行います。

入手力レベルの調整を行います。往復ともに行いますが、ヘッドが回転するオートリバース機は往復で特性が異なることが多いため、その場合は、FWD側をメインに調整を行います。

録音状態を確認します。

完成しました。

-GX-R70EX
-,

執筆者:

関連記事

AKAI GX-R70EX

今日はAKAIのオートリバースデッキGX-R70EXの修理を行います。左右の録音バランスが悪いとのことです。 再生はまったく正常です。録音してみましょう。 録音時は異常はありませんが、それを再生すると …

AKAI GX-R70EX キャプスタンモーター交換

AKAI社製のクイックリバースデッキ、GX-R70EXです。 突然再生ができなくなったとうことです。早送り・巻き戻しはOKです。 テープをセットしない状態で再生ボタンを押しました。リールは回転しますが …

AKAI GX-R70EX

本日の修理はAKAI製のカセットデッキ、GX-R70EXです。 このデッキは、GXヘッドとdbxを装備したクイックリバース機で、耐久性もあって高機能の大変重宝するデッキです。 この機体の状況ですが、テ …

AKAI(A&D)製オートリバース機の誤作動

AKAI(A&D)のオートリバースデッキのうち、GX-R60~GX-R75辺りの機種は、メカが共通(ただし、コネクタの配線数が一部異なりますので、そのまま換装できない場合がありますので注意が必 …

AKAI GX-R70EX 誤作動

今日は昨日のGX-R70に引き続き、AKAIのオートリバースデッキ、GX-R70EXの修理を行いました。操作ボタンを押すと、動作はするのですが、トレイ開閉、リールの回転やヘッドの上下がバラバラに動き再 …

検索

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM