Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100EX

A&D GX-Z7100EX

投稿日:

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。

電源をONにするとトレイが勝手に開き、それ以降は操作不可となります。

カバーを開けて点検します。分解の形跡があります。

メカを取り出しました。幸いにもこの機種によく見られるテープガイドの破損はありません。

カセットホルダーを切り離し分解します。

ホルダー両サイドのスプリングの脱着を行い、

加熱整形します。

ピンチローラーが固着しています。指で持ち上げると元に戻りません。

メカの可動部に塗られたグリスが固まっています。

分解し古いグリスをシリコングリスに置換します。

硬化しているピンチローラーを新品交換します。

組み付け後です。動きが軽やかです。

続いてリール周りです。

左右リールとアイドラーを取り外します。左側リールのブレーキパッドの状態は良好です。

ゴムが当たる面をアルコールで清掃します。アイドラーゴムは新品に交換します。

フロント部の整備が完了しました。

背面に移ります。基板を取り外します。

キャプスタンベルトはかなり汚れています。新品に交換します。

ベルトの当たり面を清掃します。

トレイ開閉、ヘッドとピンチローラの上下を駆動するカムモーターです。ベルトが劣化していますので交換します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

キャプスタンシャフトにグリスを塗布し、元通りに組み立てます。

メカの整備が完了しましたので本体に組み付けます。

動作テストOKです。

ミラーカセットをセットし、テープの走行状態を目視点検します。

315Hzの信号が記録されたテープを再生しテープ速度を調整します。

ヘッドアジマスを調整します。高域の出力が改善されました。

バイアス調整を行い、入力と出力レベルを調整します。

CDを録音再生モニターします。音質良好です。

最後にケーブルを束ねて、完成です。

-GX-Z7100EX
-,

執筆者:

関連記事

GX機のテープガイドに注意

今回は以下機種についての留意事項について記事にします。 AKAI:GX-73 GX-93 A&D:GX-Z7000 GX-Z9000 GX-Z7100(EX・EV・LTD含む) GX-Z910 …

AKAI(A&D)製GXデッキのテープガイドとテープの干渉

今回は、AKAI(A&D)のカセットデッキのうち、GX-93(73)以降のデュアルキャプスタンカセットデッキに関しての記事になります。 具体的な機種としては、上記のほか、GX-Z9000(70 …

A&D GX-Z7100EX

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。症状は「電源を入れるとカセットホルダーが飛び出し、何も操作を受け付けない状態」ということです。 電源を入れると「ガー」という異音とともに …

A&D GX-Z7100EX

今日はA&DのGX-Z7100EXの修理を行います。 電源をONにすると「ギギギギー」という騒音と共にトレイが勝手に開いてしまいます。 ケーブルの結束バンドが切られていますが、以前何らかの処置 …

A&D GX-Z7100EX

当店の得意としているGX機の修理依頼をいただきました。 A&DのGX-Z7100EXです。 テープをセットしないで再生ボタンを押すと、カムモーターの音が延々と鳴り続け、テープをセットすると右側 …

検索

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM