Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-790

SONY DTC-790

投稿日:

SONYのDATデッキDTC-790の修理を行います。トレイ破損などがあるということです。

カセットホルダーが完全に外れた状態で送られてきました。プラスチックのパーツが多く使用されていますので破損がなければ良いのですが・・・。

カバーを開けてメカを取り出します。

ネジが外れています。パーツボックスから丁度良いサイズのものを探して取り付けます。

よく見ると、人為的に分解された形跡があります。

スプリングも1個欠落していますので、これも手持ちのものを取り付けます。

スプリングはトレイ両サイドに取り付けます。

組立が完了しました。

メカ本体に組み付けて動作確認を行います。

トレイの修理が完了しましたので、メカ本体の整備に移ります。

ソレノイドを固定しているビスが1本脱落しています。メカ内部に落ちていましたので、ネジロック剤で固定します。

テープガイドを駆動する白黒ギヤを固定している白い樹脂製パーツをEリングに置換します。これをしないと100%脱落し不動となります。

キャプスタンモーターを取り外し、

可動部にシリコングリスを施します。

続いてリールメカです。ギヤが固着して回りません。

ここでパーツ脱落に気が付きました。ソレノイドのバーが紛失しています。これもパーツボックスから探して取り付けました。

固着しているギヤを慎重に取り外します。シャフト部に塗られたグリスが乾いて白くなっています。

隣の白いギヤも固着していました。古いグリスを清掃しシリコングリスに置換します。

左右リールを脱着して可動部にグリスアップします。

メカの整備が完了しました。動作OKです。

ヘッドホンVOLの操作が効きません。メカ内部からVOLの隙間に接点復活剤を注入します。90%程度回復しました。

各モードでの録音再生テストを行い、完成です。

-DTC-790
-,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-790

市内の方から修理依頼をいただきました。当店までお越しいただきありがとうございます。 SONYのDATデッキDTC-790です。長期間使用しない間に動作不良となったということです。 テープをセットして再 …

SONY DTC-790

本日はSONY製DATデッキ、DTC-790の修理です。 1995年に発売が開始された普及価格帯のデッキですが、性能はもちろん、センターメカを採用しデザインも秀逸です。 トレイの開閉は問題ありませんが …

SONY DTC-790

SONYのDATデッキ、DTC-790です。 数年前に巻き戻しができなくなり、しばらくの間、放置していたということです。 テープをセットすると、ローディングの音が聞こえますが、最後に聞こえるはずのソレ …

検索

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM