Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-RX715

SONY TC-RX715

投稿日:

近郊の方からカセットデッキの修理依頼をいただきました。

SONYのオートリバース機、TC-RX715です。

電源を投入すると、モーター音が鳴り響きますが、ディスプレイが点灯しません。

内部の点検を行います。メカは少し前に修理したTC-WR965Sとまったく同じです。

メカを取り出します。

基本的な構造はESシリーズのデッキと同じです。

カセットホルダーとバックプレートを取り外します。

ベルトが無い?と思ったら脱線していました。

分解を進めます。キャプスタンベルトは加水分解により伸びきっています。

さらに分解します。

モードベルトも加水分解しています。

力の掛かる場所ですので、新しいベルトを掛ける前にプーリーをアルコール清掃します。

ベルトを仮掛けします。

ロータリーエンコーダーを取り外します。

分解します。かなり汚れています。

左写真はアルコールで汚れを拭き取ったところです。接点が移動した箇所に段差ができていますので、研磨します。右写真は完了後です。

組み立てる前にスライド接点専用グリスを塗布します。

テープ検出スイッチのカバーを脱着して接点を清掃します。

メカを組み立てていきます。この段階ではベルトは仮掛け状態ですので、組み付け後に上部の隙間からピンセットでベルトを摘まんでモータープーリーに掛けてやります。

キャプスタンにグリスを塗布し、キャプスタンベルトを取り付けます。

硬化しているピンチローラーを交換します。

交換後です。元々付いていたものは、コアとゴムの間に充填剤を用いているトラブルの多いタイプです。

メカの整備が完了しましたので、本体に戻します。

ディスプレイが点灯しました。

120分テープを再生していますが、走行状態は良好です。ちょうど昼時になりましたので、再生状態のまま放置し試運転を継続します。

1時間ほど経過しました。テープ速度を計測します。ベルト交換等を行いましたが、偶然にも規定値内です。

アジマスを点検します。左はフォワード、右はリバースです。

フォワードはヘッド左側、リバースは右側のネジを回します。

お客様のご要望により、フォワードはジャストより手前に合わせます。これで往復ほぼ同じ条件となりました。

AUTO CALを動作させ、

左右同レベルの音源を録音し、再生レベルと同じになるよう調整します。

CDを録音し聴感テストを行います。

120分以上の長尺テープの走行とリバース動作の確認を行い修理完了とします。

-TC-RX715
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM