Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

V-6030S

TEAC V-6030S

投稿日:

今日はTEACの3ヘッドカセットデッキ、V-6030Sの修理を行います。

「再生不可」です。

動作確認を行います。テープをセットして再生ボタンを押します。

少し動作したと思った瞬間、ディスプレイが消えて、停止しました。あわててイジェクトを押しましたが、トレイが少し開いたまま無反応になりました。少し前に修理した6030Sと似た症状です。

カバーを開け、フロントの化粧板を外し、フロントパネルを少し前方に引き出します。

メカを取り出しました。

キャプスタンベルトが伸びています。

左リールのバックテンション用ベルトが溶けて切れています。

新しいベルトに掛け直します。

メカ向かって右上に、メカの動作状態を検知するスイッチがあります。

接点を清掃します。

トレイ開閉ユニットのパーツを取り外し、

フライホイールを押さえているプレートを外します。

ベルトに弾力性はありません。

キャプスタンフライホイールを脱着し、シャフト部にグリスを塗布します。

新しいベルトを掛けました。

このスイッチはテープポジション検知用です。

分解して接点を清掃します。

ピンチローラーを新品に交換します。

メカの整備が完了しました。

メカを本体に戻した後、前方に引き抜いたフロントパネルを元の位置に戻しますが、写真のコネクタは指で押しながら深く差し込みます。

このパネルを取り付けないとトレイが開きません。

動作OKです。

テープ速度は規定値内です。

ヘッドアジマスにほとんど狂いはありません。右は調整後です。

バイアス調整は、左右別にバイアスとレベルをメーターを見ながら調整します。

入力レベルと出力レベルを合わせます。

最後にCDを録再モニターし聴感で点検します。

完成しました。

-V-6030S
-,

執筆者:

関連記事

TEAC V-6030S

以前当店にDATデッキ3台の修理依頼をいただいたお客様から今回はカセットデッキの修理依頼をいただきました。 TEACのV-6030Sです。1994年頃発売、当時70,000円で販売されていましたから中 …

TEAC V-6030S モーター換装

当店のショッピングサイトに出品するために購入したジャンク機、TEACのV-6030Sですが、修理完了間際にトラブル発生です。 再生が超速回しです。キャプスタンモーターの故障です。 仕方なくメカを再度取 …

TEAC V-6030S

TEACのV-6030Sの修理依頼をいただきました。 十数年前に中古購入したデッキで、最近再生不可となったということです。 早送り巻き戻しは正常ですが、再生は、一瞬リールがピクリとしますが、テープ走行 …

TEAC V-6030S

本ブログ久しぶりの登場となるTEACの3ヘッドデュアルキャプスタンモーターモデル、V-6030Sです。 現在も人気の高いモデルです。 早送り、巻き戻しは正常ですが、再生ボタンを押すと、1~2秒テープ走 …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM