Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9100

A&D GX-Z9100

投稿日:

連休真っただ中ですが、今日も当店は営業中です。

A&DのGX-Z9100です。大変存在感・高級感のあるデッキですが、10年ほど保管状態であったということで再生不可となっています。

電源を切った状態ですが、固着によりヘッドとピンチローラーがスタンバイ状態になっています。右写真は指でピンチローラーを押し下げた状態です。

サイドウッドを取り外したのですが、固定用のワッシャーが経年劣化で割れています。ほぼすべてにひびが入っていましたので、脱落防止として接着を行いました。

カバーを開けて点検を行います。修理歴がありましたが、このようにケーブルをワイヤー系のものでまとめるのは推奨できません。

メカを取り出して整備を進めます。

カセットホルダーを分解します。

ホルダー内のスプリングを脱着し、

加熱整形し機能回復します。

メカの分解を進めます。左側ピンチローラーアームは調整式になっていますので、元の位置を測定し記録します。

メカの可動部には製造時に塗られたグリスが固まっています。

右側ピンチローラーはかなり力を入れないと動かない状態です。半田ごてで加熱しグリスを溶かしながら分解します。

ピンチローラーアームを取り外した後です。シャフトに塗られたグリスが乾いて白くなっています。

パーツを分解し、清掃します。

ピンチローラーはまだ多少弾力がありましたが、オーナー様との協議により新品交換します。

グリスアップしながら組み立てていきます。

綺麗になりました。

左右リールとアイドラーを取り外します。

ブレーキは脱落防止タイプが取り付けられています。

硬化しているアイドラーゴムを交換します。

ゴムが当たる面をアルコール清掃し、組み付けます。

メカ背面の基板を取り外します。

ベルトの状態はそう悪くはありませんが、折角の機会ですので新品交換します。

ベルトが当たる面に付着したゴムカスなどによるザラツキを除去します。

メカを駆動するカムモーターのベルトは定期的(5~10年)なメンテナンスが必要です。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

キャプスタンのシャフトにグリスを微量塗り、組み付けます。

左側のキャプスタンのみワッシャーがありますので要注意です。

新しいベルトを掛けて、メカの整備が完了です。

本体に組み付けて、

テープ走行、音出しOKです。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視点検します。

テープ速度のチェックを行います。ジャストです。

ヘッドアジマスは僅かに狂いが見られましたので、調整します。

バイアスの調整を行い、左右同レベルの入力を録音し、再生モニターします。

基板上のトリマを回してバランスを合わせます。

ここまでで、どんな音が出るか想像がつきます。CDを録音再生しましたが、予想通り良好な音質です。

完成しました。

-GX-Z9100
-, ,

執筆者:

関連記事

GX機のテープガイドに注意

今回は以下機種についての留意事項について記事にします。 AKAI:GX-73 GX-93 A&D:GX-Z7000 GX-Z9000 GX-Z7100(EX・EV・LTD含む) GX-Z910 …

A&D GX-Z9100

GX-Z9100の修理に関するお問い合わせをいただきました。お持ちのデッキが不調で大手の修理店に点検してもらったところ、パーツが入手できないということで戻されたということです。古い機器ですのでやむを得 …

GX機のカムモーター

AKAIのGX-93、GX-73、A&DのGX-Z9000、GX-Z7000、GX-Z5000、GX-Z9100(EX、EV)、GX-Z7100(EX、EV)のメカには、モーターは3種類使用さ …

GX機のテープパス

これまで「テープパス」については、このブログでも何回か説明してきましたが、日本語で言うと「テープの通り道」あたりになるのでしょうか? テープとヘッドは、常に一定の位置関係になくてはならず、そのために、 …

A&D GX-Z9100

本日はA&DのフラッグシップモデルGX-Z9100の修理を行います。 久しぶりに使用した後、テープが取り出せなくなったとのことです。グリス硬化によりメカの動きが悪くなっているものと思われます。 …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM