Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

R-646X

TEAC R-646X

投稿日:

本ブログ初登場のオートリバースカセットデッキ、TEAC R-646Xの修理です。

「オートリバースした時に音が聞けなくなる」「メタルテープが聞けない」「テープが絡む」など、テープ走行が不安定ということです。ピンチローラー劣化が疑われますが、メタルテープでの不具合については、おそらくテープ表面の摩擦係数がほかの種類とは異なるため、スリップが起きやすいことが原因と思われます。

動作確認を行います。とりあえず再生はできましたが、不安定ですし、音も籠っています。

早速カバーを開けて、メカを取り出します。

ピンチローラーの表面が劣化し光っています。カセットホルダーを切り離し、

ピンチローラーを取り外します。

新品と交換します。径13mm、幅8mm、軸径2mmです。

キャプスタンベルトの交換を行います。

径73mmです。

メカ内部の接点の清掃を行います。

テープ走行、リバースの動作OKです。

機器が十分温まったところでテープ速度を調整します。

ヘッドアジマスの点検を行います。フォワードはかなりの狂いです。調整後は音がクリアになりました。

リバース側は僅かな狂いでした。

録音しましたが、スライドVOLに接触不良がありレベルがかなり小さい状態でしたので、接点復活剤を施します。

左右同レベルの音源を録音し、再生レベルが同じになるよう調整します。

念のためメタルテープが正常に再生できるか確認します。

完成しました。

-R-646X
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

2020/07/06

marantz CDR631

2020/07/05

SONY DTC-59ESJ

2020/07/04

SONY DTC-790

2020/07/03

TASCAM 238

2020/07/02

SONY TC-K222ESJ

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM