Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-A7

SONY DTC-A7

投稿日:

今日はSONYのDATデッキ、DTC-A7の修理を行いました。この機種もこれまで相当数の修理を行いましたが、ブログでは初登場です。

DTC-57ESをベースに業務用機器として開発された機種で、安定性は57ESを上回ります。

メカの動きが重く、テープのローディングもなかなかうまくいきません。

点検を行います。

電源部の電解コンデンサーです。黒いタイプの場合は液漏れが発生しますが、この青いタイプは大丈夫です。

メカを取り出しました。

ベルトが硬化し、たるみが見られます。新品交換します。

メカを裏返して基板を取り外し、

リールメカも取り外します。

白黒ギヤを固定している留め具が割れて今にも外れそうです。Eリングに置換します。

キャプスタンモーターを取り外し、先ほどの白黒ギヤを駆動するプレートを分解し、スライド箇所にグリスアップします。

リールメカです。左側のブレーキパッドが取れて無くなっています。

ブレーキレバーを分解します。

パッドは機器内部に落ちていました。剥がれていない側も一旦剥がして接着剤で貼り直します。

リールの回転部分にグリスを塗布し、元通りに組み付けます。

このギヤが可動式テープガイドを駆動します。分解し、シャフト部にグリスを施します。

メカ上部に取り付けられているRFアンプ(ヘッドの信号を処理)です。

カバーを開けました。一部コンデンサーが液漏れしています。

基板が汚れていますが、腐食までには至っていません。

リードタイプのコンデンサーに交換します。

カセットホルダーを切り離します。純正のスポンジ製クリーナーが現れます。

スポンジの変質によりヘッド表面を侵しますので撤去します。

ピンチローラーは弾力がありますので、専用クリーナーで処理し再利用します。

メカを本体に戻します。テープ走行、音出しOKです。

入出力別、モード別の録音再生状況を確認し、

完成しました。

-DTC-A7
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM