Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-2000ES

SONY DTC-2000ES

投稿日:

先日に引き続き、SONYのDATデッキDTC-2000ESです。

「操作ボタンでは動作しない」ということで、地元の修理店に修理依頼したところ「部品が無い」と断られたということです。

イジェクトボタンを押すと、表示が乱れます。先日の2000ESと同じです。

リモコンで操作し、テープをセットしましたが、音が出ません。また、ローディング時に、パーツ同士が擦れて「キーーーー」という嫌な音が発生します。

クリーニングテープを走らせましたが、無音状態は改善されません。

カバーを開けました。

テープをセットしました。テープは正規の位置にローディングされていますが、やはり音が出ません。ヘッドの故障でしょうか?しかし、ヘッドが回転する音をよくよく聴いてみると、回転が不安定になっているような音になっています。まずはこちらの修理を行わなければなりません。

メカを取り出します。

ローディングベルトの点検を行ったところ、ヒビが多数見つかりましたので新品交換します。

カセットホルダーを切り離します。開閉の不具合を防止するため、ホルダーの可動部にグリスアップを行います。

ヘッドを侵すスポンジ製ヘッドクリーナーは既に無くなっています。アームは撤去します。

ヘッド表面に汚れが付着していますので、爪楊枝の先で除去します。ヘッドクリーナーのカスもこのあと清掃しました。

硬化したピンチローラーをゴム部分を張り替えたものと交換します。

メカを裏返してMDボードを取り外します。この基板が各種モーターのコントロールを行っています。

ドラムモーターの関係するコンデンサーを交換します。

音が出ました。しかし、「チリチリ」というノイズが混じります。これも後ほど修理します。再度基板を取り外し、残りのコンデンサーも交換します。

メカの構成パーツを取り外していきます。

リングギヤも分解します。

固着はありませんが、グリスが固まって動きが悪くなっています。

古いグリスを除去し、機械油を施します。

ベルトを新品交換し、元通りに組み立てます。

メカの後部に取り付けられているRFアンプです。ヘッドの信号を処理するパーツですので、「チリチリ」というノイズは、ここの不具合である可能性が高い、と当初は考えていました。

4ヘッドですので、RFアンプは2個です。基板上の電解コンデンサーに液漏れが見られます。

古いコンデンサーをリード型に交換します。

もう片方も同様です。

しかし、ノイズは解消されません。残るはヘッドかメイン基板です。入手困難なヘッドの故障でないことを祈ります。

まずはメイン基板です。しかし、写真のようにほとんどがチップ型のパーツで集積化されていて修理は困難です。故障の可能性が最も高い電解コンデンサーを交換しましたが、残念ながら改善されません。

幸いにも、かなり前にヘッド故障のため部品取り用として保管していた2000ESの基板がありますので換装してみます。

チリチリ音は無くなりましたが、基板交換費用で当初の見積もりをオーバーします。オーナー様に確認したところ快諾を得られたので修理を続けます。

表示の不具合を修理します。フロントパネルを取り外します。このディスプレイ基板上のスイッチが原因です。

すべて交換します。

表示エラーは無くなりました。

各モードでの録音再生状態を確認し、

完成です。

-DTC-2000ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-2000ES(続き)

ヘッドが故障した2000ESのために、オークションで77ESを入手しました。これで名機を蘇えらせます。 故障したヘッドを撤去します。 77ESからヘッドを移植します。テープパスの調整を行い、つづいて操 …

SONY DTC-2000ES ピンチローラーの割れ

DTC-2000ESの修理依頼をいただきました。お客様の愛機が故障したもののメーカーでの修理が叶わず、たまたま当店がオークションに他機種の整備済み品を出品していることがきっかけとなりました。 メールと …

SONY DTC-2000ES

年末にDTC-2000ESの修理依頼をお受けしました。 「テープをセットするとCAUTION表示となり動作不可」とのことです。リールメカのトラブルでしょうか? 今回は、オーナー様の意向で、当店の修理パ …

DTC-2000ES 再入院

先月初めに修理を終えオーナー様の元にお送りしたDTC-2000ESですが、今度は別の不具合が発生したとご連絡をいただきました。 具体的な症状としては、テープを挿入後にCAUTION表示は出ないものの、 …

DTC-2000ES スルーホール腐食

今日は久しぶりにDTC-2000ESの修理を行いました。2年ほど前に当店で整備を行ったデッキになりますが、「CAUTION」表示が出て動作しないとのことです。メカは整備済みで問題は起きないはずですが、 …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM