Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

KX-1000

YAMAHA KX-1000

投稿日:

今日はYAMAHAの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、KX-1000の修理を行います。

約1年ぶりのKX-1000です。状態は「不動」です。

カバーを開けました。キャプスタンベルトが溶けているのが確認できました。

メカの整備を行います。

参考までに上下左右の写真を掲載します。

まずはキャプスタンベルトの交換です。モーターとバックプレートを取り外します。ベルトが溶けてベトベトです。

アルコール清掃します。

一連の工程になりますので、テープセレクターのスイッチを分解し、接点を清掃します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗って、新しいベルトを掛けます。径80mmです。

次は、メカの動作状態を検知するスイッチを分解清掃します。

 

カセットホルダーとパネルを取り外します。

バックテンション用ベルトも溶けています。新品交換します。折長40mmです。

アイドラーゴムを新品交換します。

次はピンチローラーです。

脱着してローラー部分を新品交換します。SONYのESデッキと同サイズです。

メカを本体に戻して動作テストを行います。良好です。

フロントパネルを外して、若干ガリが起きているスライドVOLとヘッドホンVOLに接点復活剤を施します。

調整に移ります。テープ速度を調整します。

ヘッドアジマスを調整します。

再生バランスを点検します。

今回の特別オーダーです。普段オーナー様がお使いのテープにバイアスを合わせます。ツマミをセンターに固定し、

パソコンで315Hz、1000Hz、10000Hz、12500Hzの信号を発生させ、それを録音し、フラットに再生されるように基板上のトリマで調整します。高域は再生時にグラフが上下し、グラフのみで合わせると高域が出すぎる場合がありますので、聴感と併せて作業を進めます。

いつも聴いているCDを録音し、音質を確認します。

完成しました。

-KX-1000
-,

執筆者:

関連記事

YAMAHA KX-1000

当ブログ初登場のYAMAHA製3ヘッドカセットデッキKX-1000の修理を行いました。 dbxやマニュアルバイアス調整機能を搭載した高性能機です。 キャプスタンは回転しているようですが、アイドラーがス …

YAMAHA KX-1000

以前GX-9100EVを当店で修理されたお客様から、今回は、YAMAHAのKX-1000の修理依頼をいただきました。 非常に綺麗な機体です。再生は良好ということですが、録音時の消去不良とバイアス調整不 …

YAMAHA KX-1000

少し前に、1年ぶりに取り扱ったYAMAHAの3ヘッドカセットデッキKX-1000ですが、今度は別のお客様から修理依頼をいただきました。 ジャンク機をオークションで購入されたということですが、なかなか外 …

YAMAHA KX-1000

今年2台目のKX-1000です。 「再生は不可。早送りや巻き戻しは動作するが弱々しい。」という状態です。今回はメカの不具合個所のみの修理ということで依頼を受けました。 キャプスタンは回転しているようで …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM