Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-1500ES

SONY DTC-1500ES 使用中にテープパスが狂う?

投稿日:

今日は不思議な現象の起きるデッキの修理を行いました。

「録音するとテープパスが(途中で)ずれる。他のデッキで再生するとノイズだらけになる。」「再生は問題ない」「オートIDが機能しない。手動は可能」「リモコンが受信出来ない」などですが、途中でテープパスがずれるというのは不思議です。

早速動作確認をしようとしましたが、モーターの音が聞こえるのみで動作しません。「再生は問題ない」はずでしたが・・・

カバーを開けて点検します。

DTC-1500ESで最も気になるのは、この基板上の電解コンデンサーです。液漏れにより基板を痛めるという故障がほぼ100%起こります。しかし、この機体はすでに対策済みです。

メカを取り出しました。ベルトが切れています。

メカ底部の基板を取り外し、ベルトを交換します。

リングギヤの固着の原因となる古いグリスもすでにメンテナンス済みです。

仮接続して再生テストです。動作良好です。AUTO IDも正常に作動します。途中でテープパスがずれるというのは、使用中にベルトスリップが起きて、テープガイドが所定の位置から移動したためと思われます。

リモコンの不具合を修理します。フロントパネルを取り外すと、受光部の基板が現れます。

基板を取り外しました。何かが紛失しています。おそらく10μFの電解コンデンサーです。液漏れで端子が腐食し、脱落したようです。

新しいコンデンサーを取り付けましたが、基板も腐食により絶縁していますので、バイパス線を取り付けます。

リモコン操作OKです。

修理完了です。

 

-DTC-1500ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-1500ES

本日はDTC-1500ESを修理します。 SONYの民生用では最高峰のDATデッキで、発売当時300,000円という価格、重量も20kg近くあり存在感満載です。 不具合の内容ですが、再生しようとすると …

SONY DTC-1500ES(つづき)

先日部品の手配の関係で修理を中断していたDTC-1500ESの続きです。 メカの整備に着手します。 メカ底部の基板を取り外し、構成ユニットを分解していきます。 リングギアは固着寸前でした。かなりスライ …

2DDリールメカ動作不良

SONYのDATデッキDTC-A8の修理を終え、動作テストを行いました。 再生しましたが、すぐ停止してしまいました。 テープを取り出すとこんな状態で出てきました。再度テープをローディングしてリールの回 …

SONY DTC-1500ES

今回は、SONYの民生用DATではフラッグシップとなる1500ESです。 久しぶりに使用しようとしたところテープローディング以外は不可となったとのことです。 これまで、オーバーホールを含む3回の修理を …

SONY DTC-1500ES

以前、機器を当店で購入されたお客様から、所有している別の機器の修理依頼を受けました。機種名はDTC-1500ESです。再生不可、LINE-IN(Lch)反応なし、とのことです。 重厚感があり一度は所有 …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM