Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100

A&D GX-Z7100

投稿日:

今日はGX-Z7100の修理を行います。

「再生開始時に異音が発生し、再生不可となることが多い」「再生、早送り、戻しとも回転不安定、速度遅い(特にテープ後半部分)」「 高音域不足」「テープ種類検出異常」など多くの不具合を抱えているということです。

トレイ開閉は可能ですが、「ギーーー」という嫌な音が発生します。モーターの軸受けが劣化しています。

カバーを開けると、小さなパーツが転がり出てきました。これはカセットホルダーのワッシャーです。

修理歴が見られますが、業者によるものではないことは一目でわかります。

メカを取り出します。

先ほどのパーツはこの部分です。ホルダー両サイドにありますが、意外にも両方とも脱落していません。以前修理したときに何かあったのでしょうね。

ホルダーを分解します。

内蔵のスプリングが経年により圧縮された状態です。少し広げた状態でドライヤーの温風を当てて整形します。

スプリングの機能が復活しました。

メカに固着はありませんでしたが、動きが滑らかではありません。また、古いグリスが固まっています。

パーツを分解清掃します。

硬化したピンチローラーを交換します。

左右リールとアイドラーを取り外します。

アイドラーも劣化していますので交換します。

ゴムの当たる部分をアルコール清掃します。

フロント部が完了しました。

メカ背面の基板を取り外します。

ベルトに何か液体が塗られています。これは交換しますが、フライホイールはアルコールで拭き取ります。

異音を発していたカムモーターは新品交換します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、ベルトを新品交換して組み立てます。

メカの整備が完了しましたので本体に戻します。

テープ走行・音出しOKです。

左側ピンチローラーアームの脱着後は必ずテープパスの点検が必要です。

テープ速度の調整を行います。

ヘッドアジマスの調整を行い、

バイアス調整を行い、入出力レベルが同じになるように合わせます。傾きはバランス、線の長さはレベルです。

CDを録音し聴感テストを行います。

完成しました。

-GX-Z7100
-, ,

執筆者:

関連記事

GX機のテープガイドに注意

今回は以下機種についての留意事項について記事にします。 AKAI:GX-73 GX-93 A&D:GX-Z7000 GX-Z9000 GX-Z7100(EX・EV・LTD含む) GX-Z910 …

GX-Z7100ヘッドフォン出力の故障

今日はGX-Z7100のヘッドフォン出力の不具合です。 LINEOUTは正常に出力されるのですが、ヘッドフォンでは無音状態です。 通常、ヘッドフォン出力は、図のとおり、LINEOUTの手前で分岐し、ア …

GX機のトレイ開閉

AKAIのGX-93、73、A&DのGX-Z9000、7000、9100、7100、また、それ以外の数機種ではトレイ開閉は同じメカが採用されています。 そこで一番多いトラブルは、「トレイが閉ま …

A&D GX-Z7100

今日の修理はA&DのGX-Z7100です。トレイ開閉の不具合、異音、再生不良などの症状を抱えています。 トレイ開閉も含め、動作音が「ガガガガー」と相当激しい音になっています。カムモーターの寿命 …

A&D GX-Z7100

今日はA&Dの3ヘッドカセットデッキ、GX-Z7100の修理です。 この機種は、GX-Z9100の姉妹機として発売され、サイドウッドやクオーツロックは省かれていますが、上級機とメカや回路はほぼ …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM