Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESA

SONY TC-K333ESA

投稿日:

SONYのTC-K333ESAの修理依頼をいただきました。

久しぶりに使用したところ、トレイ蓋が開かないということです。

イジェクトボタンを押すと、モーターの動作音が聞こえますが、反応はありません。

カバーを開けました。

メカを取り出して、点検を行います。

カセットホルダーとバックプレートを切り離します。ピンチローラーは硬化が進行しています。

メカ内部のベルトです。このベルトの劣化が故障の主な原因です。

左側のピンチローラーアームを取り外すために、ナットを回しましたが、シャフトが緩んでいて共回りします。これは後ほど修理します。

キャプスタンモーターを切り離します。

キャプスタンモーターの基板を取り外し、分解します。

緩んでいたシャフトはこの部分です。

簡単に抜けました。差し込み部に抜け防止として傷を付けて、元の位置まで差し込みます。

ベルトを新品交換します。

基板上の実装型電解コンデンサーは、外観上問題無いように見えましたが、端子部は液漏れで汚れていました。

新品を取り付け、元通りに組み立てます。

メカのフロント部です。モーターブロックを切り離します。

ベルトは溶けて簡単に切れてしましました。プーリー部をアルコールで脱脂して新品ベルトを仮掛けします。

ロータリーエンコーダーを取り外します。

分解清掃し、組み立てます。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

モーターブロックを組み付けて、ベルトを本掛けします。

キャプスタンモーターを組み付けます。

ピンチローラーを新品交換します。

メカの整備が完了しました。

動作音出しOKです。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

テープ速度の点検を行います。許容範囲内に収まっています。

ヘッドアジマスにほとんど狂いはありません。

バイアス調整を行い、入出力レベルを合わせます。

聴感テストを行い、

完成です。

-TC-K333ESA
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(ESL以降モデル)

SONYのESシリーズのカセットデッキにおいて、ピンチローラーのクリーニングを安易に行う方法は、以前以下のとおり記事にしました。 SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法 SONY製ESデッ …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

SONY TC-K333ESA Dolby-ICの故障

今日はTC-K333ESAの修理を行いました。再生不良はいつものとおりメカのモードベルトが原因でした。 順調に作業を進め、調整段階に移りました。が、 再生は正常でしたが、録音ではLchのレベルが極小で …

SONY TC-K333ESA キャプスタンモーターが回転しません。

DATデッキの修理の関係でお付き合いのあるお客様からをSONY製カセットデッキTC-K333ESAの故障品を買取りいたしました。 状態を確認したところが、キャプスタンモーターが回転していません。 この …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM