Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9100

A&D GX-Z9100

投稿日:

A&Dのフラッグシップモデル、GX-Z9100の修理を行います。

半年前までは正常に動作していたということです。

トレイ開閉はOKですが、

テープをセットして再生を開始すると、モーターの「ギューーーー」という音が鳴り続け、2・3秒で停止します。

カバーを開けて、

メカを取り出します。

カセットホルダーを分解します。

ホルダー内蔵のスプリングを取り外し、

加熱整形します。これでカセットを押さえる力が強まります。

メカの固着はありませんが、古いグリスが固まりかけています。

ヘッド周りを分解します。

清掃し、シリコングリスを塗布し組み立てます。

綺麗になりました。

ピンチローラーを新品交換します。

動きが滑らかになりました。

左右リールとアイドラーを取り外します。

ブレーキパッドが剥がれかけています。また、表面が変質して摩擦力が過剰に強くなっていますので、不織布を切断し貼り付けます。

アイドラーゴムを交換し、組み立てます。

メカ背面の基板を取り外します。

フライホイールは綺麗ですが、ベルトは劣化しています。後ほど新品を取り付けます。

異音を発していたカムモーターです。

モーターとベルトを新品交換します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

新しいベルトを掛けて組み立てます。

本体に組み付けて試運転です。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

テープ速度の点検を行います。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

バイアス調整を行ったうえで、入出力のレベル調整を行います。

聴感テストを行います。

ケーブルを結束バンドで束ね、

完成しました。

-GX-Z9100
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z9100

A&DのGX-Z9100の不動品が入荷しました。 電源を投入すると「ギー」と大きな音とともに勝手にトレイが開きます。その後も当分の間、音は鳴り続けました。定番の故障です。 この機種は、上部にコ …

A&D GX-Z9100

久しぶりにGX-Z9100の修理依頼をいただきました。 オーナー様が若い頃に苦労して手に入れたという思い入れのあるデッキということですので、頑張って治したいと思います。 電源を入れるとトレイが勝手に開 …

A&D GX-Z9100

今日はA&DのフラッグシップモデルGX-Z9100の修理です。 30年ほど前に新品購入したワンオーナー機ということです。 電源をONにするとモーター音が「ギギギー」と唸り、勝手にトレイが開閉し …

A&D GX-Z9100 & 9100EV

同じお客様から2台同時に修理依頼をいただきました。GX-Z9100と9100EVの修理です。 まず1台目、9100です。動作不可、トレイ開閉時の異音という不具合を抱えています。 ヘッド周りを覗いてみま …

愛機GX-Z9100 SOURCE出力不良

久しぶりに愛機GX-Z9100でお気に入りの音楽を録音しようとしたところ、 修理中の写真ですが、録音中にモニター出力を「TAPE」にすると正常に音がが出て、メーターが振れますが、「SOURCE」に切り …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM