Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-KA5ES

SONY TC-KA5ES キャプスタンモーター交換

投稿日:

今日はSONYのTC-KA5ESの修理を行います。

故障してから10年ほど経過したということです。

テープが閉じ込められていますが、操作を受け付けません。

カバーを開けます。これまでのESシリーズとはメカはほぼ同じですが、回路は一新されています。

カセットホルダーを切り離し、テープを取りだします。

ピンチローラー、アイドラーを取り外し、キャプスタンモーターを切り離します。

キャプスタンモーターを分解し、

シャフトにグリスを塗布し、ベルトを新品交換します。

基板上の電解コンデンサーに液漏れは見られませんでしたが、ESデッキのウィークポイントですので、新品交換します。

元通りに組み立てます。

メカのフロント部です。モーターブロックを切り離します。

加水分解でベルトが溶けてプーリーに巻き付いています。

こびりついたベルトを除去し、新しいベルトを仮掛けします。

ロータリーエンコーダーを取り外します。

分解清掃します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

組み立てていきます。

ピンチローラーを新品交換します。

メカを本体に組み込みます。動作テストはOKです。

ミラーカセットでテープの走行状態を目視で点検します。

ここで問題が発覚しました。テープ速度を点検したところ、1%の狂いがあります。許容値を超えています。

メカを降ろして再度キャプスタンモーターを切り離します。

ドナー機からメカを取り出し、モーターを移植することにします。

ドナー機から取り出したキャプスタンモーターを整備し、丸ごと交換します。なぜなら、KA-ESモデルは他モデルとキャプスタンのシャフトの太さや発振器の周波数などが異なるため、パーツ単体での互換性が無いからです。

今度は大丈夫です。

ピンチローラー脱着を行いましたので、再度テープパスの点検を行い、

再生ヘッドのアジマス調整を行い、

バイアス調整を行った後に入出力調整を行います。

CDの録音再生モニターにより聴感で音質を確認し、修理完了です。

-TC-KA5ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

SONY TC-KA5ES

このブログでは3度目の登場となるSONYのカセットデッキ、TC-KA5ESです。 カセットリッドが開かず再生不能ということです。 電源をONにするとモーターの回転音がいつまでも続くのみです。 カバーを …

SONY TC-KA5ES

1年ぶりのTC-KA5ESの修理です。 デザインはDTC-ZA5ESと似ていますが、天板にスリットが設けられていますので、DATデッキよりもカセットデッキのほうが発熱量が多いということでしょうね。 ト …

TC-KA5ES アイドラーギヤ欠け

今年6月に当店で修理を行ったTC-KA5ESですが、「トラブルが生じた」とご連絡をいただきました。 「トレイ開閉の度に「キューン」という異音がする」ということと、「テープ走行しない」ということです。 …

SONY TC-KA5ES

先日当店でDATデッキを修理されたお客様から、今回、カセットデッキ2台の修理依頼をいただきました。1台目はタイトルのとおりで、2台目はTC-K333ESLです。 北海道の外気温は氷点下ですので、到着後 …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM