Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TD-V931

VICTOR TD-V931

投稿日:2020年5月14日 更新日:

今日はVICTORの高性能デッキTD-V931の修理を行います。

昨年から徐々に調子が悪くなり、遂にはトレイが閉まらなくなったということです。JVCのサービスセンターで「モーター及びギヤ不良であるが部品がない」ということで断られたため、当店の出番となりました。本当にモーターの故障でしょうか?

モーター音は聞こえますが動作しません。

メカは定番4か所で固定されています。

メカを取り出します。

メカはトレイとセットになったケーズに入れられています。

カウンター基板を取り外し、

バックライト用の端子を切り離します。

メカを固定している左右下後のネジを緩めるとメカがすっぽりと取り出せます。

このギヤはメカのモードを変える役割を担っていますが、欠けています。

テープ検出スイッチ基板も取り外しモーターごと取り出します。

2ケ共見事に欠けています。

欠けにくい材質でできた代替品と用意します。

取り付けには少し工夫が必要です。

元に戻します。

テープ検出スイッチです。分解は難しいので、隙間から接点復活剤を注入します。

キャプスタンモーターの基板上の電解コンデンサーは既に交換済みです。

伸びたベルトを交換します

この黒い丸いパーツは再生時のアイドラーです。

表面を軽く研磨して専用クリーナーで処理します。

ピンチローラーも同様です。テカリがなくなりました。

メカをケースに収納し、ハウジングランプの端子を半田付けし、元通りに組み付けます。

トレイ開閉OKです。

再生もOK。

テープ速度の点検を行います。

再生ヘッドのアジマスを調整します。

録再独立ヘッドですので、録音ヘッドのアジマスも調整します。ついでにバランスも合わせます。

CDを録再モニターし聴感で音質を確認します。

完成しました。

-TD-V931
-,

執筆者:

関連記事

VICTOR TD-V931

今日はVICTOR社製のカセットデッキ、TD-V931です。 同社では最高級機で3ヘッド、DDモーターなどのほか、防振対策として「アークベース」という、高密度ボードが底面に装備され、超重量級デッキです …

VICTOR TD-V931

VICTORの高級機TD-V931の修理依頼をいただきました。 現在も非常に人気の高い機種です。 再生は正常にテープ走行しますが、早送り巻き戻しは異音を発するのみでリールが回転しません。 整然とレイア …

VICTOR TD-V931 高速再生

今日はVICTORのTD-V931の修理です。 久しぶりに使用したところ、テープが高速再生されるということです。 確かにかなり高速かつ不安定な速度です。今回は、この機種のウイークポイントであるモーター …

VICTOR TD-V931 ギヤ交換

今日は、VICTORのフラッグシップモデル、TD-V931の修理です。 再生はOK、早送り巻き戻しNGという定番の故障です。今回は不具合個所のみの修理ということでご依頼をいただきました。 高級機だけあ …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM