Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-A8

SONY DTC-A8

投稿日:

SONYの業務用DATデッキ、DTC-A8の修理依頼をいただきました。

トレイが開かないということです。

リッドが曲がっています。引っ掛かって開かないのでしょうか?

カバーを開けて手動でトレイOPENし、引っ掛かっているリッドを取り外します。

しかしやはり開閉しません。ベルトがスリップしています。

ベルトの劣化もありますが、このプーリーが固着しています。

メカを降ろしてプーリーの古いグリスを拭き取り、シリコングリスに置換します。

硬化したベルトは、スリップしにくいバンコードに交換します。

スムーズに開閉するようになりました。しかし、テープをセットしても音が出ません。

メカの固着により、テープガイドが正規の位置まで上がり切りません。また、テープを取り出すと、写真のようになっていました。リールメカに不具合があります。

メカを裏返して基板を取り外します。

茶色のものが古いグリスです。

構成ユニットをバラしていきます。ベルトは硬化し変形しています。

製造時に塗布されたグリスが固まっています。

CRCで除去し、機械油とシリコングリスを施します。

新しいベルトを掛けます。

リールメカです。ブレーキが貼り付いたのが不具合の原因です。

分解し、パッドを貼り換えます。

元通りに組み立てて、動作テストを行います。が、コアキシャル出力の接触不良が見つかりました。

基板を取り外し、再半田を行います。

SONYのデッキも酷いガリが出ます。接点復活剤で処置します。

各モードでの録音再生テストを行い、

完成です。A8はラックマウントが似合いますね。

-DTC-A8
-,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-A8

本日の修理はSONY製のDATデッキDTC-A8です。 レコーディングスタジオなど業務用での使用を前提に開発されたモデルで、民生用のDTC-ZA5ESをベースにINPUT端子の増設が行われているほかフ …

ヘッド故障の理由

今回、DTC-ZA5ESのヘッド故障機を2台連続してお預かりしました。DTC-ZA5ESは比較的新しい機種ですが単なる偶然でしょうか?私は日頃DTC-1000ESを愛用していますが、これまでDTC-1 …

SONY DTC-A8 ヘッドの汚れ

オークションで私が出品した整備済みのDTC-A8を落札いただいたお客様から、手持ちのA8故障品の2台の修理をお請けしました。 DTC-A8は、業務用として開発・販売されたことから、機器の移動などの際に …

SONY DTC-A8 ディスプレイ不点灯

今日はSONYのDATデッキDTC-A8の修理です。 トレイ開閉はOKですが、ディスプレイが点灯しません。おそらく電源部に問題を抱えているものと思われます。 電源部の大型の電解コンデンサーを触ると、左 …

SONY DTC-A8

お客様からDTC-A8の修理依頼がありました。「CAUTION」表示のまま不動とのことです。早速機器を送っていただきました。 電源をONにしたとたん、写真のようになりまったく操作不能です。 筐体を開け …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM