Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-55ES

SONY DTC-55ES

投稿日:

今日は久しぶりのDTC-55ESの修理です。

この機種は、SONYのDATデッキの修理において、一筋縄では行かないかなり手ごわい相手です。うまく動作させるまでには、いろいろなポイントを押さえる必要があります。

動作確認は行いません。300ESもそうですが、メカが固着していた場合、テープをセットした瞬間に内部のギヤが一瞬にして破損することがあります。

純正のスポンジ製クリーナーはかろうじて形が残っていますが、ボロボロです。ヘッドに悪影響を及ぼしますので撤去します。

ロータリーエンコーダーを取り外します。ギヤが割れていますので、ワイヤーを埋め込み、弾性のある接着剤で補強します。

メカを裏返して構成ユニットを取り外します。

リールメカです。このブレーキパッドはほぼ100%脱落しています。元の位置に貼り直します。

早送りや巻き戻し後にテープがたるまないように、ここのブレーキパッドも貼り換えます。

ロータリーエンコーダーを分解します。接点が汚れています。

接点を清掃研磨し、元通りに組み立てます。

ギヤに差し込むこの凸部がテーパー状になっているため、ギヤ割れに至ります。ヤスリで削って弾性のある接着剤で固定します。

カセットホルダーを切り離します。ヘッドクリーナーのアームを撤去します。ヘッド周りにクリーナーのカスが付着していますので清掃します。

硬化しているピンチローラーをゴム部分を張り替えたものと交換します。

作業が前後しますが、ギヤ関連のパーツを分解します。この白いギヤが破損するケースが多く見られますが、この機体は大丈夫でした。

リングギヤに塗られたグリスが固まりかけています。これが原因で先ほどのギヤが欠けます。

古いグリスを除去し、機械油等を施します。

元通りに組み立てていきます。

ロータリーエンコーダーは位相合わせが必要です。

メカを仮接続して再生しましたが音が出ません。クリーニングテープを少し長めに走らせます。

無事復活しました。早送り巻き戻しのトルクが弱い(ブレーキの効き過ぎ)ようですので、調整を行います。

入出力別、モード別に録音再生状態を点検し、完成です。

-DTC-55ES
-, ,

執筆者:

関連記事

DTC-55ESほか「長期不使用時は注意」

DATデッキに限らず、メカを有するデッキが故障する原因のひとつに「グリス硬化による固着」があります。揮発性の低いグリスも10年、20年と経つうちに次第に硬化します。もともとは滑らかな動作のために塗布し …

SONY DTC-55ES

今日の修理はSONY製DATデッキ、DTC-55ESです。 それまでご法度とされていたデジタルコピーがSCMSで解禁となった記念すべきモデルです。 私も一番最初に買ったDATデッキなので、個人的には非 …

SONY DTC-55ES

DTC-55ESの修理依頼をいただきました。 不具合の状況ですが、「自己録音して再生すると、激しいノイズが出る」「他のデッキで録音したテープは再生可能であるものの、僅かにノイズが出る」ということです。 …

重力を実感

今日はDTC-55ESの修理を行いました。この機種もメカ部のいろいろなところをメンテナンスしないとキチンと動作しません。 ひととおりメカの整備を終えて試運転を行いました。テープパスに若干の狂いが見られ …

SONY DTC-55ES

本日はDTC-55ESの修理です。 LONGモードでの録音ができないという故障です。再生はできるということですので、おそらく基板の故障と思われます。試しに録音してみましたが、スタンバイ状態でも数秒で停 …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM