Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100EX

A&D GX-Z7100EX

投稿日:

今日はA&DのGX-Z7100EXの修理を行います。

電源をONにすると「ギギギギー」という騒音と共にトレイが勝手に開いてしまいます。

ケーブルの結束バンドが切られていますが、以前何らかの処置がなされたのでしょうか?

メカを取り出します。この機種に多く見られるテープガイドの破損はありません。

カセットホルダー(リッドケース)、バックプレート(リッドデコレーションパーツ)を切り離します。

ホルダー内蔵のスプリングにヘタリはありません。

左側ピンチローラーが固着しています。

ピンチローラーを取り外したところです。製造時に塗られたグリスが乾いて白くなっています。

ヘッド周りを分解します。

グリスが固まりかけていますので、ふき取って、揮発性の低いシリコングリスをパーツ同士が擦れる箇所に微量塗布します。

ヘッドブロックです。右側テープガイドが折れて首の皮一枚で繋がっているというケースもよく見られますが、この機体は問題ありません。

硬化しているピンチローラーを新品交換します。

リール周りを分解します。

ブレーキパッドが剥がれそうです。また、表面が硬くなっていますので、貼り換えます。

アイドラーゴムを新品交換、ゴムの当たる箇所をアルコールで脱脂します。

これでフロント周りは終了です。

メカ背面のメンテナンスに移ります。

カムモーターと取り付けビスが1本足りません。また、残りの2本も頭を舐めています。もちろん新品に交換します。

基板を取り外します。ベルトは後ほど新品交換します。

フライホイールです。ベルトが当たる面のゴムカスを除去します。

異音を発していたカムモーターです。ベルトは硬化によりスリップしていましたので交換します。

モーターも新品交換します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

元通りに組み立てます。

メカを本体に戻してテープをセットしましたが、トレイが引っ掛かり完全に閉まりません。

これは長期不使用のGX機によく見られる不思議な現象です。テープ検出スイッチを調整します。

治りました。

テープ走行、音出しOKです。

キャリブレーションのLEVELツマミが固着しています。隙間にCRCを注入します。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。これも不思議な現象ですが、製造時から一度も触られていないと思われる右側テープガイドがテープとわずかに干渉しています。調整ネジを回して対処します。

テープ速度の調整を行います。

ヘッドアジマスを調整します。

バイアス調整を行い、入出力レベルを調整します。出力のグラフの形状が膨らんでいるのは、録音ヘッドのアジマスの狂いによるものですが、コンビネーションヘッドでは調整できません。

CDを録音再生モニターし聴感テストを行います。

最後にケーブルを束ねて、

完成しました。

-GX-Z7100EX
-, ,

執筆者:

関連記事

GX機のテープガイドに注意

今回は以下機種についての留意事項について記事にします。 AKAI:GX-73 GX-93 A&D:GX-Z7000 GX-Z9000 GX-Z7100(EX・EV・LTD含む) GX-Z910 …

A&D GX-Z7100EX

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。症状は「電源を入れるとカセットホルダーが飛び出し、何も操作を受け付けない状態」ということです。 電源を入れると「ガー」という異音とともに …

A&D GX-Z7100EX

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。 走行不良があり、注油したところ完全に動作不可となったということです。 電源を入れると勝手にトレイが開きます。 メカを取り出します。 カ …

A&D GX-Z7100EX

当店の得意としているGX機の修理依頼をいただきました。 A&DのGX-Z7100EXです。 テープをセットしないで再生ボタンを押すと、カムモーターの音が延々と鳴り続け、テープをセットすると右側 …

A&D GX-Z7100EX

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。 電源をONにするとトレイが勝手に開き、それ以降は操作不可となります。 カバーを開けて点検します。分解の形跡があります。 メカを取り出し …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM