Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TD-V707

VICTOR TD-V707

投稿日:

本ブログ初登場、VICTORの3ヘッドカセットデッキ、TD-V707です。

TD-V931の後継機ということです。

巻き戻しは可能、再生と早送りが不可ということです。これまで扱ったVICTORのデッキと症状が違います。

早速カバーを開けます。オーディオ回路にはノイズシールドで覆われています。メカはTD-V931の流れを汲んでいるようです。

メカを取り出す前にシールドカバーを取り外し、

ハウジングランプの半田接続部を切り離します。

これまでのモデルと1点大きく変更となった箇所があります。右写真はTD-V931ですが、右側リールはキャプスタンの回転を利用し黒い大きなアイドラーで駆動するようになっていますが、

V707は、左右リールともリールモーターで駆動するという一般的なスタイルになっています。ではなぜ今回の機体は右側リールだけ回らなかったのかというと、写真をよく見ると、アイドラーが少し前方にせり出しているのがわかります。右リールは左側とは形状が異なるため、右側リールのみギヤがかみ合わなくなったようです。

しかし、ほかの不具合を見逃してはいけません。モーターを取り外すと、やはりギヤが欠けていました。これは従来モデルと共通のウイークポイントです。

形状は異なりますが、同径、歯数の同じギヤを代替品として流用します。黄色いワッシャーは、スペーサー兼ズレ留めです。

ヘッドやピンチローラーの上下動を行うモーターのギヤも欠けにくいタイプに交換します。

ピンチローラーとヘッドは専用クリーナーで清掃します。

キャプスタンモーターです。基板を取り外し点検を行います。電解コンデンサーは既に交換済みです。

ベルトは新品交換します。

メカを本体に戻して動作テストを行います。

VOL類にガリがあるということですので処置を施します。化粧パネルを取り外します。

バランス、バイアス等のVOLです。隙間から接点復活剤を注入します。

ヘッドホンVOLです。

RECVOLです。

点検調整に移ります。テープ速度です。0.5%以内に収まっています。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

独立ヘッドですので、録音ヘッドのアジマス調整も行います。

バイアス調整を行った状態で、入出力レベルの調整を行います。

完成しました。

-TD-V707
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM