Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

D-80

PIONEER D-80

投稿日:

今日はPIONEERのDATデッキ、D-80です。かなり前に取り扱ったことはありますが、ブログでは初登場です。

1年前までは動作していたが、現在はまったく動かないとのことです。

基本操作以外のボタン類は、パネルを開くと現れます。

テープをセットしました。走行はしていますが、音が出ません。

ヘッドの汚れ?と思い少し長めにクリーニングテープを走らせましたが、一向に改善する気配はありません。

カバーを開けました。さすが高級機です。

後継機のD-07等とメカはほぼ同じようですが、コネクタが隠れているため、メカの脱着には底板を取り外す必要があります。

メカを降ろします。

ヘッド故障以外で音が出ないのは、このRFユニットの不具合であることがほとんどです。

基板実装型の電解コンデンサーを交換します。

これで音が出るようになりましたので、メカの整備に移ります。

このメカのウィークポイントのひとつは、ベルトスリップでトレイが開かなくなるというものです。滑りにくいバンコードに交換します。

メカとローディングユニットを切り離します。

全く動かなかったというオーナー様のお話が気になったので、モーターの接点のリフレッシュを行います。まれにですが、「一切動作しない」という事例を経験しますが、ほとんどがモーターの接触不良が原因です。モーターを数時間空転させ、内部の接点の接触不良を解消します。まずはローディンモーター、

続いてパワーモーターです。

ピンチローラーです。

表面を軽く研磨し、専用クリーナーで処理します。

ベルトを新品交換します。

ロータリーエンコーダーを分解し、

接点を清掃、段差を研磨し、スライド接点専用グリスを塗布し組み立てます。

リッドの化粧カバーが剥がれてきていますので、接着剤で貼り合わせます。

各モードでの録音再生状態を確認し、修理完了です。

-D-80
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM