Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

XK-009

EXCELIA XK-009

投稿日:

EXCELIA(AIWA)のXK-009の修理を行います。

現在でも非常に人気の高いモデルです。数年前にほかの修理店で修理したということですが、最近突然テープが取り出せなくなったということです。また、動作していた時は、カウンターの数字の切り替わりが遅かったということです。

テープがセットされていますが、イジェクトボタンを押してもトレイが開きません。

カバーを開けました。フライホイールが回転しないと思ったら、モーターのプーリーのところでベルトがスリップしていました。このメカはフライホイールの回転を利用して内部のカムを動作させますので、ベルト劣化には要注意です。

メカを取り出すためには、A・M・T・S (Anti Modulation Tape Stabilizer) を作動させるソレノイドを脱着しなければなりません。

指でフライホイールを回すとメカのモードが切り替わり、トレイが開けられます。

ヘッドの配線は基板に直接半田付けされています。AIWAの拘りですね。このままで作業を行います。

キャプスタンモーターを取り外します。ベルトは外径80mmと73mmです。

リールモーターを固定しているビスを緩め、モーターを取り外します。

フライホイール、プレートを取り外します。

カウンターの不良は、この基板に不具合がありますので、基板ごと交換します。

早送り、巻き戻し用のアイドラーが見えます。なぜか、通常は使用することのないOリングが使用されていましたが、もちろん交換します。14mm*10mm*2mmです。

ついでにメカ内部のリーフスイッチ2ケの清掃を行います。

一旦組み立てて動作テストを行います。カウンターの不良は治りましたが異音がします。

右側リールにモーターの動力を伝達しているアイドラーがスリップしています。

ここもOリングが使用されています。これが異音の原因です。サイズは先ほどと同じです。

異音は無くなりました。

メカを本体に戻しました。動作テストOKです。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。右写真は調整後です。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアス調整を行い、入出力レベルの調整を行います。

聴感テストを行い、

修理完了です。

-XK-009
-,

執筆者:

関連記事

EXCELIA XK-009

本ブログ初登場のEXCELIA(AIWA)の3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキXK-009です。 音質が良いと評判の、現在も非常に人気の高いデッキのひとつで私も愛用しています。 早送り・巻き戻 …

EXCELIA XK-009

EXCELIA(AIWA)の3ヘッドカセットデッキXK-009の修理依頼をいただきました。 症状はというと、当店のブログに記載している機体と同じで、再生時に右側リールが回転しないというものです。 早送 …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM