Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-WR820

SONY TC-WR820

投稿日:

ひさしぶりにWカセットデッキの修理依頼をいただきました。

SONYのTC-WR820です。デッキA、Bともに不具合を抱えています。

電源ONにすると、モーターが高速回転している音が聞こえます。

早速カバーを開けます。

デッキAはキャプスタンベルトがありません。Bデッキにはありますが、触ると弾力が無くなっているのが分かります。

メカを取り出します。ESシリーズのメカをベースにオートリバース化しています。

カセットホルダーを駆動する周辺パーツもESと同様、金属製になっています。この機種の後継機はコストダウンのため、プラスチック製パーツが多用されるようになりました。

カセットホルダーを切り離します。

フライホイールのバックプレートを取り外します。

キャプスタンモーターのプーリーにベルトが巻き付いています。

フライホイールを取り外し、

モーターブロックを切り離すとアシストモーターのベルトにアクセスできます。加水分解が進行し弾力がありません。

新しいベルトを仮掛けします。

ロータリーエンコーダーを取り外し、

分解します。

接点がかなり汚れていますし、段差もできていますので研磨清掃し、仕上げにスライド接点専用グリスを塗布し組み立てます。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

ピンチローラーはかなり劣化しています。コアが簡単に外れてしまいました。新品交換です。

あとはカセットホルダーを取り付けてデッキAのメカ整備は完了です。続いてデッキBもまったく同じメンテナンスを行います。

しかし、なぜかアイドラーがデッキAと異なるタイプのものが使用されていました。これはTC-K555ESGで採用されたタイプですが、以降のモデルは振れ幅の小さなタイプに変更されています。(以下デッキBのメカ整備については省略)

メカを本体に組み込みます。

まずはテープ速度の調整です。基板上の端子をショートさせ、315Hzのテープを再生状態にして、HIGH-SPEED DUBBINGボタンを押します。

すると倍速再生になりますので、基板上のツマミで調整します。

次はノーマルSPEEDです。デッキBも同様です。

次はアジマス調整です。少し狂いが見られますので、ヘッド横(FORWARDは左)のネジを回し、

右肩上がり45度になるよう調整します。リバースも同様、デッキBも同様です。

左右同レベルの入力を録音し、再生レベルが同じになるよう合わせます。

ヘッドホンVOLにガリが出ています。

フロントパネルを脱着し、VOL背面の隙間に接点復活剤を注入します。

 

RECVOLも同様です。

録音再生状態を確認します。

完成しました。ダブルデッキのほとんどの機種にはリレー再生機能がありますので、150分テープを使用した場合、5時間以上の再生ができますので大変重宝します。

-TC-WR820
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM