Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

D-07

PIONEER D-07

投稿日:

同じお客様からデッキ2台の修理依頼をいただきました。1台目はTC-K555ESG、これは後日記事にしたいと思います。そしてもう一台はPIONEERのD-07です。

2年ほど前から音が出なくなり、そのまま放置していたということです。

テープをセットしました。再生ボタンを押すとテープ走行が開始しますが、やはり音が出ません。

メカを取り出します。

メカを整備する間、トレイ蓋の化粧パネルの浮きを修正します。すでにフロントパネルと擦れていましたが、このまま放置しておくと、蓋が開かなくなったり、蓋が外れたりします。

まずは「音が出ない」故障の修理を行います。メカ後部に取り付けられているRFユニットです。基板実装型電解コンデンサー2ケのうち、1ケは、オーナー様が点検の際に取り外しています。

2ケとも、液漏れの形跡がありました。リード型に交換を行います。

 

メカのメンテナンスを行います。ローディングモーターとパワーモーターをメカから切り離し、直接電圧を加えて1・2時間空転させ、内部接点のリフレッシュを行います。

ピンチローラーを取り外します。かなり表面にテカりが出ていますので、研磨清掃を行います。

続いてロータリーエンコーダーです。

分解します。意外と汚れはありません。

接点を研磨清掃し、スライド接点専用グリスを塗布し組み立てます。

ローディングベルトを滑りにくいバンコードに交換します。

メカを本体に戻して動作チェックを行います。ところが、音は出たものの、問題があることが判明しました。テープに録音された音に混じって「シャーーーー」というあまり聞いたことのないノイズが常に混じっています。

点検を進めると、デジタル出力では問題がないことが分かりました。また、録音はアナログ・デジタルともに正常に行えます。ということは、アナログ再生回路またはDAコンバーターの故障です。

しかし、アナログ回路の故障では発生しないようなノイズですので、DAコンバーター回路の故障が疑われます。こうなると、部品単体での調達はできないことから基板ごと交換するしかありませんが、当初の見積額の倍程度の費用が掛かることになります。

オーナー様にその旨お伝えした結果、DAコンバーターをお持ちで今回は敢えて修理を行う必要は無いということですので、

今回の修理は以上となります。

-D-07
-, ,

執筆者:

関連記事

PIONEER D-07

今日はパイオニアのD-07です。10年ぶりに電源を入れたが動作しないとのことです。このデッキは、20kHzを超える高域成分の録音・再生のため、サンプリング周波数を従来の48kHzから2倍の96kHzに …

PIONEER D-07 再生時のチリチリ音

先日、お客様からPIONEERのDATデッキ、D-06の修理に関してお問い合わせがありました。再生時に「チリチリ」というノイズが混じるが修理可能かというものです。あまり経験したことのない不具合ですが、 …

PIONEER D-07

PIONEERのDATデッキD-07です。 動作はするのですが、テープをセットしてから再生まで時間がかかり、その間「カシャカシャ」とメカが誤作動しているような音が聞こえてきます。誤作動で疑われるのは接 …

PIONEER D-07 LONGモード録音専用機?

今日は珍しい故障の修理を行いました。 機種名は、PIONEERのDATデッキ、D-07ですが、電源をONにした途端、勝手に録音がLPモードで開始してしまいます。 もちろんTIMERはOFFです。また、 …

PIONEER D-07

先日に続き、PIONEERのDATデッキ、D-07の修理依頼をいただきました。 トレイ蓋が開きっぱなしになっています。 こうなった原因は、蓋の化粧パネルが剥がれ、フロントパネルと干渉したことです。それ …

検索

2020年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM