Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100EX

A&D GX-Z7100EX

投稿日:

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。

走行不良があり、注油したところ完全に動作不可となったということです。

電源を入れると勝手にトレイが開きます。

メカを取り出します。

カセットホルダーを切り離し分解します。

ホルダー内蔵のスプリングにヘタリが見られます。

加熱整形し機能回復を図ります。

ヘッド周りはグリスが固まって動きが重くなっています。

可動部を分解し、古いグリスを清掃します。

パーツ同士が擦れる部分にシリコングリスを塗布しながら組み立てます。

劣化したピンチローラーを交換します。

オイルで汚れていますので、アルコールで脱脂します。

アイドラーゴムを新品交換します。

ブレーキパッドも剥がれかけていますので、パッド貼替を行います。

メカ背面に移ります。

キャプスタンベルトを交換します。

フライホイールです。ベルトが当たる面のゴムカスを除去します。

カムモーターのベルトを交換します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

メカの整備が完了しました。

本体に戻して動作テストです。走行は良好ですが、「キーーーン」と嫌な金属音を発します。

原因はリールモーターの軸受け劣化です。中古良品と交換します。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzのテープを再生してテープ速度の調整を行います。

ヘッドアジマスを調整します。

バイアス調整を行った状態で、左右同レベルのサイン波を入力します。

それを録音再生します。バランスの調整を行います。

いつも聴いているCDを録音再生モニターし、聴感テストを行います。

完成しました。

-GX-Z7100EX
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z7100EX

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。症状は「電源を入れるとカセットホルダーが飛び出し、何も操作を受け付けない状態」ということです。 電源を入れると「ガー」という異音とともに …

A&D GX-Z7100EX

当店の得意としているGX機の修理依頼をいただきました。 A&DのGX-Z7100EXです。 テープをセットしないで再生ボタンを押すと、カムモーターの音が延々と鳴り続け、テープをセットすると右側 …

GX機のテープガイドに注意

今回は以下機種についての留意事項について記事にします。 AKAI:GX-73 GX-93 A&D:GX-Z7000 GX-Z9000 GX-Z7100(EX・EV・LTD含む) GX-Z910 …

A&D GX-Z7100EX

A&DのGX-Z7100EXの修理依頼をいただきました。 電源をONにするとトレイが勝手に開き、それ以降は操作不可となります。 カバーを開けて点検します。分解の形跡があります。 メカを取り出し …

A&D GX-Z7100EX

今日はA&DのGX-Z7100EXの修理を行います。 電源をONにすると「ギギギギー」という騒音と共にトレイが勝手に開いてしまいます。 ケーブルの結束バンドが切られていますが、以前何らかの処置 …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM