Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

KX-880G

KENWOOD KX-880G モーター換装

投稿日:

先月に続いてKENWOODのシングルキャプスタン2ヘッドカセットデッキ、KX-880Gの修理依頼をいただきました。

しばらくぶりに使用したところ、リールが回転せず、テープが切れたということです。

早送りや巻き戻しは正常ですが、再生はヘッドが上がりません。

カバーを開けてフロントパネルを取り外します。

メカを取り出し、カセットホルダーとバックパネルを取り外します。

内部のリーフスイッチを取り外す準備を行います。ヘッドブロックを押さえるプレートを外します。そこに現れるビスを緩め、

背面からカムとモーター、リーフスイッチを取り出します。

接点を清掃します。

劣化しているピンチローラーを交換します。

テープのセットを検出するスイッチも清掃します。

メカを上から見たところです。テープポジション検出スイッチです。

分解し、接点を清掃します。

メカを本体に戻して動作テストを行います。再生が開始されましたが、右側リールの挙動が不審です。回ったと思ったら少しして停止します。早送りや巻き戻しは問題ありません。

原因は、このリールモーターです。内部の接点に接触不良が起きています。

モーターを分解します。

接点が黒く酸化しています。

研磨清掃します。

接点の接触が良好になるまで慣らし運転が必要です。テープの無いカセットをセットし、早送り・巻き戻し状態で半日程度放置します。最初は頼りなく回転していたのが、時間の経過に伴い、力強く回転するようになります。

しかし、かなりの改善は見られたものの、長時間再生しているとやはり勝手に停止することがあり、使用に差し支える状態です。

そこで、モーター修復は諦め、移植を試みます。SONYのESデッキに採用されている安定性の高いリールモーターです。外形や電圧などはほぼ同じですので、取り付け穴のちょっとした加工のみでスワップ可能です。

なかなかの調子です。念のため、半日以上再生テストを行い、不具合が起きないことを確認します。

315Hzのテープを再生してテープ速度の調整を行います。

ヘッドアジマスを調整、

左右同レベルの信号を録音再生し、レベルを調整します。

CDを録音再生モニターし、聴感テストを行い、

完成です。

 

-KX-880G
-,

執筆者:

関連記事

KENWOOD KX-880G

少し前にTD-V931を修理されたお客様から、今度は2台、カセットデッキの修理依頼をいただきました。1台目はタイトルのKX-880G、もう一台はTRIOのKX-880SRですが、後者の修理については、 …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM