Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

D-07

PIONEER D-07

投稿日:

先日に続き、PIONEERのDATデッキ、D-07の修理依頼をいただきました。

トレイ蓋が開きっぱなしになっています。

こうなった原因は、蓋の化粧パネルが剥がれ、フロントパネルと干渉したことです。それにより、蓋に無理な力が加わって、内部ギヤの噛み合わせ部が外れます。

隙間に接着剤を流し込み、クリップで挟みます。乾くまでの間、ほかの修理を行います。

先日修理したD-07と同じ症状です。ディスプレイがほとんど点灯しません。

後ほど蓋の修理を行うため、メカを取り外します。

電源部のヒューズ抵抗です。

絶縁していますので、交換を行います。

無事点灯しました。

メカのメンテナンスに移ります。トレイユニットを分離します。

普段の稼働率の少ないモーターのリフレッシュを行います。直接電圧を加え、1・2時間空転させます。

その間にメカをメンテナンスします。

ピンチローラーです。かなり表面にテカりが出ていますので、軽く表面を研磨し、専用クリーナーで処理します。

トラブル予防のため、RFユニットの電解コンデンサーを交換します。

メカを裏返すとロータリーエンコーダーが現れます。

分解し、汚れた接点を研磨清掃し、スライド接点専用グリスを塗布し組み立てます。

テープガイドを駆動するパワーモーターも本体から切り離し、リフレッシュを行います。

負荷の掛かるローディングベルトは滑りにくいバンコードに交換します。

メカの整備が完了しました。

トレイ蓋の化粧カバーの補修が完了したので、

内部からギヤの噛み合わせを調整します。ひとコマでも狂うとうまく開閉しません。

トレイ開閉はかなりスムーズです。

音出しもOKです。

各モードでの録音再生状況を確認します。

ここで問題が発生しました。アナログ入力にすると、左CHにノイズが混じります。ハイサンプリングモードでは症状は顕著で、メーターが振れるほどです。

デジタル入力ではまったく問題ありませんので、ADコンバーター周辺の故障です。修理には相当の費用が追加となりますので、オーナー様と協議です。

オーナー様は、「デジタル入力ーアナログ出力」という接続方法で常時ご使用とのことでしたので、修理はここまでとなりました。

-D-07
-, ,

執筆者:

関連記事

PIONEER D-07 タンタルコンデンサー故障

このところD-07ネタが多くなっていますが、今日は、少し前にD-07Aの修理依頼をいただいた方から買取りしたジャンクD-07の修理に取り組みました。 最初はRFユニットの基板実装型電解コンデンサー10 …

テープパス調整

近郊の札幌の方からDATデッキ2台の修理依頼がありました。1台目はPIONEERのD-07、もう一台はSONYの業務用デッキPCM-7030です。 症状は2台とも同じで、ノイズが混じるということです。 …

PIONEER D-07

PIONEERのDATデッキ、D-07の修理依頼をいただきました。 今回はメンテナンスも行います。 不具合ですが、イジェクトするとリッドは開きますが、トレイが出てこないというものです。 カバーを開けて …

PIONEER D-07

前回のKENWOOD KX-7030に引き続き、今回も本ブログ初登場のデッキです。PIONEERのDATデッキ、D-07の修理を行いました。 96kHzハイサンプリング対応の高性能DATデッキです。不 …

PIONEER D-07

少し前に当店でパイオニアのDATデッキを修理されたお客様から、2台目のご依頼をいただきました。 今回はD-07です。電源を入れてから音が出るまで1時間ほど掛かるということです。また、アナログ入力の際の …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM