Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

112RmkⅡ

TASCAM 112RmkⅡ

投稿日:

久しぶりにTASCAMの112RmkⅡの修理依頼をいただきました。

精悍なデザインです。

早送り巻き戻しはOKですが、再生できません。

カバーを開けます、メカを取り出すためには、後ろの基板を少し寝かす必要があります。

メカを取り出しました。まずは背面から整備します。

フライホイールを押さえているプレートを外します。ベルトにたわみが見られます。加水分解が進行しフニャフニャです。

続いて、このカムモーターを取り外します。

そこにギヤが現れますが、ほぼ100%割れています。以前外国から取り寄せた互換品と交換します。

ロータリーエンコーダーの基板の接点を清掃し、スライド接点専用グリスを塗布します。

キャプスタンモーターを取り外し、リールユニットを取り出します。

アイドラーゴムを交換します。

アイドラーゴムの当たり面を清掃します。

新しいベルトを掛けて元通りに組み立てます。

カセットホルダーを切り離し、ブレーキ等の点検を行います。ピンチローラーは専用クリーナーで清掃します。

メカを本体に戻して動作テストです。テープ走行OKですが、

REV側の音質が籠っています。後ほど調整します。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。3%と大幅な狂いです。

調整場所はここです。上はピッチコントロールOFF、下はONです。

調整後です。

ヘッドアジマスです。FWDはあまり狂いは無かったのですが、

REVは、故障しているのか?と思ったほど狂っていました。調整後、音質は劇的に変化しました。

左右同レベルの入力を録音再生し、レベル合わせを行います。

聴感テストを行い、

完成です。

-112RmkⅡ
-,

執筆者:

関連記事

TASCAM 112RmkⅡ(その2)

TASCAM 112RmkⅡ(その1)の続きです。 TASCAM 112RmkⅡ(その1) 破損したギヤの入荷待ちのため一時修理を中断していた112RmkⅡですが、 2週間弱でアメリカから到着しました …

TASCAM 112RmkⅡ

お客様から機器名指定で購入のご依頼がありましたので、ジャンク品をオークションで入手し整備を行います。 TASCAMの3ヘッドオートリバース機、112RmkⅡです。まったく作動しない状態です。 メカを取 …

TASCAM 112RmkⅡ(その1)

以前当店からカセットデッキを購入されたお客様からTASCAM 112RmkⅡの修理依頼をいただきました。昨年までは正常に動作していたということですが現在は不動となっています。 大型のVUメーターが2基 …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM