Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z6300EV

A&D GX-Z6300EV

投稿日:

今日はA&Dの3ヘッドカセットデッキ、GX-Z6300EVです。以前、何度か修理したことはありますが、当ブログでは初登場となります。

基本的なデザインは姉妹機の7100EVなどと共通です。

トレイ開閉はできますが、再生はできません。

カバーを開けます。メカはAKAIのオリジナルではなく、SANKYO製です。ただし、ヘッドはAKAI伝統のGXヘッドを搭載しています。

メカを取り出すためには、フロントパネル脱着を伴います。

トレイ開閉はモーター駆動となっています。

リールモーター、キャプスタンモーター、そしてローディングモーターの3モーター仕様となっています。

メカの底面です。キャプスタンベルトが溶けています。

フライホイールを押さえているプレートは、パズルのように組まれていますので、脱着には少しコツが必要です。モーターのプーリーにも溶けたベルトが巻き付いています。

清掃し、新しいベルトを取り付けます。

続いてメカフロント部です。

バックテンション用のベルトが無くなっています。35mmのベルトを取り付けます。

メカを本体に戻して動作テストを行います。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。約1%の狂いです。

キャプスタンモーターの調整孔にドライバを差し込んで調整します。数値が315Hzを中心に振れるように合わせます。

ヘッドアジマスを調整します。

バイアス調整を行い、左右同レベルの入力を録音再生モニターし、同レベルになるよう合わせます。

数種類のテープを使用して聴感テストを行います。

完成しました。

-GX-Z6300EV
-,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z6300EV リールモーター故障

先日、当店でGX-Z6300EVを修理されたお客様から、もう一台、GX-Z6300EVの修理依頼をいただきました。 トレイ開閉以外は動作しません。 メカを取り出すためにカバーを開けて、フロントパネルを …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM