Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-57ES

SONY DTC-57ES

投稿日:

これまでカセットデッキの修理で何度かお取引いただいた道内のお客様から、今回はDATデッキの修理依頼をいただきました。

SONYのDTC-57ESです。

動きはぎこちないものの、なんとかテープ走行はできました。しかし音は雑音だらけです。

カバーを開けます。

メカを取り出して、まずはカセットホルダーを取り外します。

ヘッドに悪影響を及ぼす純正のスポンジ製ヘッドクリーナーを撤去します。

スポンジカスが変質し、ドラムの表面にこびりついています。下半分はテープに触れませんので、軽く清掃して終わりですが、回転部分は慎重に除去します。

ピンチローラーです。触るとカチカチに固まっていることがわかりましたので、ゴムを張り替えたものと交換します。

メカを裏返し、基板、リールユニットの順に分解していきます。

可動式テープガイドが正規の位置まで動くことができません。プラスチック製のレールが変形しています。

白黒のギヤを固定している留め具が割れています。鋼製のEリングに交換します。

変形しているレールを削ります。

テープガイドがスムーズに動くことができるようになりました。

このギヤがテープガイドを駆動します。脱着し、シャフト部にグリスアップします。

左右リールも分解し、パーツ同士が擦れる箇所にグリスを塗布します。

一旦元通りに組み上げます。

メカ後部のRFユニットです。ヘッドの信号を処理しますが、劣化により雑音が混じるようになります。

基板上の電解コンデンサーが液漏れしていますので、リードタイプに交換します。

動作テストです。雑音が混じることは無くなりました。

この頃のSONYの製品は、ヘッドホンVOLに酷いガリが発生します。内部からVOL背面の隙間に接点復活剤を施します。

各モードでの入出力を確認し、

完成です。

-DTC-57ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-57ES

久しぶりにDTC-57ESの修理依頼をいただきました。オーナー様のお話では、昔録音したテープを聴こうと十数年ぶりに電源を入れたところ、ディスプレイ表示がなくトレイは開いたもののテープが閉じ込められたと …

SONY DTC-57ES

最も売れたDATデッキと言われているDTC-57ESです。 初代DTC-1000ESから500ES、300ES、55ESなどを経て、この機種から新たに開発されたメカニズムを搭載しています。 「音が出な …

SONY DTC-57ES

久しぶりのDTC-57ESです。 調子が悪いのでカバーを開けてヘッドクリーニングをしたところ、まったく音が出なくなったとのことです。 テープ走行は正常ですが音が出ません。 カバーを開けて、拡大鏡でヘッ …

SONY DTC-57ES

DTC-57ESの修理依頼をいただきました。「トレイが開かない」とのことです。昨年末に近郊のオーディオショップで2度ほど修理(トレイモーター交換)したものの、久しぶりに使用しようとしたところ再発したと …

SONY DTC-57ES

本日はDTC-57ESの修理です。オーナー様が久しぶりに使用したところ、ノイズ混じりの再生音であったためDIYでRFアンプの電解コンデンサーを交換し、テープパス調整を行っているうちにテープガイドがぐら …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM