Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9100EV

A&D GX-Z9100EV トレイ蓋が開きません

投稿日:

GX-Z9100EVの修理依頼をいただきましたが、

電源を入れると「キュー」という聞いたことの無い音がします。

いきなり問題が発生しました。トレイがここまでしか開きません。テープがセットされたままですので、固着したピンチローラーアームが引っ掛かっているのでしょうか?トレイ蓋を外さなければメカを取り出すことができません。無理に開けると蓋を固定しているツメを破損します。

カバーを開けました。一度分解を試みた形跡が見られます。

トレイ蓋を外すには、メカを固定している上下のビスを外し、メカを前方に押し出します。これでようやく蓋が外れました。

メカを取り出しました。ヘッドとピンチローラーは固着していませんが、なぜトレイが開かないのでしょうか?

よくよく観察すると、左側のキャプスタンにテープが巻き付いているのが分かりました。

キャプスタンフライホイールを指で回しながら、テープの絡みを緩め、テープを取り出すことができました。かなりの量が巻き付いていました。

ようやくメカの整備に移ることができます。カセットホルダーを分解します。

ホルダーに備えられているスプリングを脱着し、

加熱しながら整形してスプリングの機能を回復します。

メカの固着はありませんが、動きがギスギスしています。

ヘッド周りを分解し、古いグリスを拭き取り、シリコングリスを塗布します。

ピンチローラーを新品交換します。

リール周りを分解します。

アイドラーゴムを交換します。

アイドラーゴムが当たる面はアルコールで脱脂します。

フロント部が完了しました。動きも滑らかになりました。

続いてメカ後部に移ります。基板を取り外します。

ベルトがかなり汚れている反面、フライホイールは綺麗です。ベルトはもちろん交換します。

メカを駆動するカムモーターのベルトを交換します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

キャプスタンシャフトにグリスを塗布して元通りに組み立てます。

これでメカのメンテナンスは完了です。

本体に組み付けて動作テストを行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。

再生ヘッドのアジマスを調整します。グラフの大きさが高域の出力を表しています。

バイアス調整を行った状態で、左右同レベルの信号を入力します。

それを録音再生モニターし、グラフの傾きや形状が同じになるように調整します。

ワイヤー入りのバンドが以前整備された際に使用されています。万一の事故を防止するため、樹脂製のタイプに交換します。

数種類のテープを使用して聴感テストを行います。

完成しました。

-GX-Z9100EV
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z9100EV

今日はA&DのフラッグシップモデルGX-Z9100EVの修理です。 3年ほど前に整備済み品をオークションで購入したものの、動作不良でお困りとのことです。 機器が到着しましたので動作確認を行いま …

A&D GX-Z9100EV

※約1日ぶりに停電が解消され、昨日より通常業務に復帰しました。 A&Dの最終フラッグシップ、GX-Z9100EVです。今回は大地震を挟んでの修理となりましたが、昨日ようやく完了することができま …

A&D GX-Z9100(7100)に発生する断線

先日、お客様のGX-Z7100EXを修理していたときのことです。 不具合の症状としては、キャプスタンが次第に低速になり最終的には停止してしまうというものでしたが、 キャプスタンモーター基板を交換し、無 …

GX機のテープパス

これまで「テープパス」については、このブログでも何回か説明してきましたが、日本語で言うと「テープの通り道」あたりになるのでしょうか? テープとヘッドは、常に一定の位置関係になくてはならず、そのために、 …

GX-Z9100EV 操作不能&ディスプレイ不点灯

オークションでGX-Z9100EVの故障機を入手しましたので今日はこの修理と整備を行います。 これは凄い偶然ですが、このデッキを出品された方は、昨年当店で修理を行ったGX-Z9000のオーナーの方でし …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM