Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ESL

SONY TC-K555ESL テープポジション不表示

投稿日:

今日はSONYのフラッグシップ、TC-K555ESLの修理を行います。

昨年末に整備品として購入されたということです。

テープ走行は可能ですが、テープポジションが表示されません。そのためキャリブレーションも不調ということです。コントロール基板の故障の可能性があるため、まずはその確認を行います。

早速カバーを開けます。前回整備された際のビスの締め忘れが見られます。

メカを取り出してテープ検出スイッチを指で押してみます。するとテープポジションが表示されましたので、コントロール基板の故障では無く、スイッチの不良が原因ということがわかりました。

今回は不具合個所の修理に併せ、当店の「リフレッシュメニュー」を実施します。先ほどの不具合は、その一環として実施しますので追加料金は掛かりません。

ピンチローラーとアイドラーを取り外し、キャプスタンモーターを切り離します。

モーターを分解します。

シャフトにグリスを施し、ベルトを新品に交換します。

基板の点検を行います。この機種は電解コンデンサーの液漏れにより基板を痛めますが、交換はされていません。

液漏れが起きていますが、幸いにも基板に大きなダメージはありません。新品のリード型の小型コンデンサーを取り付けます。

元通りに組み立てます。

続いてメカフロント部です。モーターブロックを切り離します。

加水分解により溶けてしまうベルトは、既に交換済みでしたが、念のため新しいものに交換します。

ベルトが溶けた痕跡がプーリーに残っています。アルコールと歯ブラシで綺麗に除去します。

新しいベルトを仮掛けします。組み付け時にモータープーリーに掛け直します。

ロータリーエンコーダーを取り外します。

分解します。接点がかなり汚れています。

接点を研磨清掃し、スライド接点専用グリスを塗布し組み立てます。

問題のテープ検出スイッチです。変形を修正します。

接点を清掃します。

順番に組み立てます。

ピンチローラーも劣化が進行していますので新品交換します。

左側のピンチローラーはコアとゴムの間に隙間ができています。これでは正常なテープ走行は期待できません。

メカの整備が完了しました。

テープ走行と音出しOKです。テープポジションも正常に表示されます。

点検調整に移ります。ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

テープ速度の点検を行います。

ヘッドアジマスは少し狂いが見られました。右写真は調整後です。

バイアス調整を行い、左右同レベルの信号を入力します。

それを録音再生モニターし、傾き(バランス)と波形の大きさ(出力)が同じになるよう調整します。

数種類のテープで録音再生テストを行い、

完成です。

-TC-K555ESL
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K555ESL モーター基板腐食

SONYのフラッグシップモデルTC-K555ESLです。 ほとんど使用せずに保管していたということですが、 カセットホルダーが開きません。 しかし、今回、非常に興味深いのは、使用頻度の少ないデッキが現 …

SONY TC-K555ESL リフレッシュメニュー

久しぶりのTC-K555ESLです。中古品で入手したもののトレーが開かないということで、当店のリフレッシュメニュー(19800円)でのご依頼です。 電源を投入しイジェクトボタンを押しても、かすかなモー …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

TC-K555ESL モニター切替不良

久しぶりの TC-K555ESLです。 メカの整備をひと通り終えて、試運転です。CDデッキとアンプとの入出力の配線を行い、音出しはOKでしたが、 モニターを「SOURCE」に切り替えると音が出ません。 …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM