Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

D-07

PIONEER D-07

投稿日:

PIONEERのDATデッキ、D-07の修理依頼をいただきました。

テープ走行には問題は無いものの、音が出ないとのことです。

トレイ開閉の調子も悪く、一度では開きません。

録音済みテープをセットしましたカウンターは進みますが無音状態です。

カバーを開けてメカを取り出します。

スリップ気味のベルトをバンコードに交換します。

メカ後部に取り付けられているRFユニットの電解コンデンサーを交換します。

これで回復しました。

ヘッドホンVOLにガリが見られますので、内部からVOLの隙間に接点復活剤を注入します。

再度メカを降ろしてローディングユニットを切り離します。

ローディングモーター、パワーモーターに直接電圧を加えて少しの間、空転させます。これでモーター内部の接点の接触が改善されます。

ピンチローラーの状態を点検します。

表面が劣化していますので、軽く研磨し専用クリーナーで清掃します。

メカのコントロールに関係するロータリーエンコーダーです。

分解すると接点が汚れていることがわかります。

アルコールで汚れを除去し、接点を研磨、仕上げにスライド接点専用グリスを塗布し組み立てます。

トレイ蓋がフロントパネルと干渉しています。蓋の化粧パネルが剥がれかけているのが原因です。

化粧パネルを接着剤で貼り付けます。これでスムーズに開くようになりました。

メカを本体に戻して動作テストを行います。

モード別、入出力ライン別の録音再生状況を確認します。

完成しました。

-D-07
-, ,

執筆者:

関連記事

テープパス調整

近郊の札幌の方からDATデッキ2台の修理依頼がありました。1台目はPIONEERのD-07、もう一台はSONYの業務用デッキPCM-7030です。 症状は2台とも同じで、ノイズが混じるということです。 …

PIONEER D-07 トレイ蓋修理

PIONEERのDATデッキ、D-07です。 トレイの蓋が開きっぱなしになったためテープで止められています。同じPIONEERでも下位機種のD-05では構造が異なるため同様の不具合は起きませんが、この …

PIONEER D-07

PIONEERのDATデッキD-07です。 動作はするのですが、テープをセットしてから再生まで時間がかかり、その間「カシャカシャ」とメカが誤作動しているような音が聞こえてきます。誤作動で疑われるのは接 …

PIONEER D-07

今日はパイオニアのD-07です。10年ぶりに電源を入れたが動作しないとのことです。このデッキは、20kHzを超える高域成分の録音・再生のため、サンプリング周波数を従来の48kHzから2倍の96kHzに …

PIONEER D-07 ディスプレイ不点灯

PIONEERのDATデッキ、D-07の修理依頼をいただきました。 動作不良など何点か不具合を抱えています。 トレイ蓋が引っ掛かることがあるということを聞いていましたが、輸送中に化粧カバーが外れてしま …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM